【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



中学のときの担任から聞いた話。

ある山の中腹に墓地があった。

そしてその墓地を移転させて
そこに学校を作った。

やがて工事も無事終わり何年かたったころ、
ある先生が当直をしていた。

よる見回りをしに上の階にあがるとき
何気なく階段の数を数えたらしい。

「1、2、3、・・・・11、12、13。13??」

13段なんて不吉だなあ、
と思いつつその階の見回りをした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



友達と一緒に住んでいた事があった。

友達が、先輩から、タンスを貰った。

元々はリサイクル屋で購入したものらしい。

そのタンスは、私の部屋に置かれた。

その後、よく、
女性の髪の毛が床に落ちているのを見かけた。

私も友達も、
自慢じゃないが女っ気なんてなかったので、
なんとなく奇妙だなあ、とは思ったけど、
特に気にはしなかった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



小学校低学年の頃、
学校から帰ると叔父がいた。

叔父は青ざめてて生気がなく、
俺の顔を見ても「おかえり」としか言わない。

叔父は関東の隅っこの山のふもとで
嫁さんと二人暮らしのサラリーマン。

小学生が帰っている時間に
都内のうちにいるのはおかしい。

子供心になにかよくないことがあると思って
聞けなかった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ