【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



深夜仕事から家に帰ってたら、
変な人がいたな

髪がまるで貞子みたいに長く
前髪が顔を隠していて、
格好も貞子みたいな白いだぼだぼの服

そんな人が電柱に寄り掛かり、
辺りを見回している

俺は見た瞬間回れ右して立ち去ろうとしたら、
その女異常に速い歩きで俺に近づき、

「私の子供知らない
私の子供知らない
ねえ知らない?」

と言ってきた

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



小学校のとき、
なんか陰気な雰囲気漂う男の子がいた

3年4年と同じメンバーだった
(クラス替えがなかった)

2年間同じクラスでずっと気持ち悪いと感じていた

最初に会ったときから、
嫌悪感としか表現できない感覚に襲われた

席替えのときはいつも

「あの子だけは隣にならないように」

と祈ったが
4年生になったあるとき、
隣の席になってしまった…

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私の兄貴は幽霊は見えない(本人が言っていた)が、
よく連れて来るタイプらしい。

小学校に入って間もない頃、
やんちゃだった兄貴は
住んでいる田舎の色んな所を走り回り遊ぶ子供でした。
(山、川、海、位で何もないのどか過ぎる場所です。)

ある日、いつもの様に学校終わり
夕方まで遊びまくっていた兄貴が帰って来た事で
初の恐怖体験をしました。

その日帰って来た兄貴の顔色が土色と言うか、
赤色を抜いた肌の色と言うか、
何だか変な色をしていたのを覚えています。

でも、家族は顔色には触れません。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ