【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

カテゴリ: 洒落にならない怖い話



今までで一番不思議だった経験

夜中に小腹が空いて
部屋でカップうどん食ってたのね

そうするとな~んか変な感じがあってさ、
人に見られてるようなそんな感じ

ふっと横をを見たのよ

そしたら何かたんすの前のあたりの空間?を
開いてたような感じで
何か子供がこっち覗いて笑ってるの

一瞬でぞぞ~~~ッと体中に悪寒が走って
金縛り状態になってさ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



子供を産んでからはさっぱりな私も、
それ以前はちょこちょこ見たりしてて、
その中で1番(本人は)怖かった話。

今から10年ほど前の7月、
今の旦那とワケありで古い一軒家で同棲し始めた時、
生理痛がひどくて会社から早退してきた私は家の扉を開けると、
玄関のすぐ左横にある階段を

「タン、タン、タン」

と勢いよく上がっていく足音が。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



これは友人が体験(?)した話。

そのとき私も近くに居たんだけど
話を聞くだけで全くかかわりなしだった。

まだ学生だったころ、
休みの日や講義をサボった日などに
バス釣りばかりしていた時期があった。

近くには、
今ではバス釣りのメッカとも呼ばれるような湖もあったが、
当時、我々はもっぱら近くの川がメインだった。
(意外に知られていないがバスは川でも釣れるのだ)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



小学生の時の話。

私が住んでいたのは瀬戸内の小さな島だったが、
そこに一件のあばら家が有った。

もう随分長い事空家のようで、
家の中は荒れ果てており
私たちはその家を勝手に幽霊屋敷だと呼びあっていたのだった。

ある日、その空家を探検しようと言う事になり
私を含む数人のグループでその家の中に入っていったのだ。

古い家なので玄関は引き戸で、
錆付いていたのかどうやっても開かなかった。

仕方が無いので裏庭の方に回り込み
何処からか入れる所が無いか探す事にした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



当時、夜の仕事をしていた俺は
いつものように昼過ぎに起きて下に降りました。

すると両親が喪服を着て、
いそいそと準備をしていたので

「誰か死んだの?」

と聞くと

「○○のおばさんが亡くなったのよ」

と聞かされました。

この人は父の姉に当たり、
そう言えば前から入院してた記憶があった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ