【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

カテゴリ: 洒落にならない怖い話



柔道部員だった中学のころの話

県大会の予選で俺は受け身を失敗して
失神したようだった。

技をかけられ、
ヤバイと思った瞬間まで覚えている。

ふと気がつくと、
俺は会場の天井近くにふわふわ浮いていて、
遥か上から各試合を見ていた。

いつから見ていたのかわからない、
気がついたら試合をじっと見ていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



高校生の頃、
やたらと不幸体質なAという同級生が居た。

と言っても不幸な目にばかり遭うというものではなく、
「幸福を得ると目に見えて不幸にも遭う」というもの。

幸福の出所は運でも実力でも同様で、

・試験で良い点を取る→指を骨折
・部活でレギュラー入り→食中毒
・福引で空気清浄機ゲット→ゲーム機故障

こんな感じで一事が万事不幸が付いて回る。

それでも本人は明るく快活で
「素直に喜べない」なんてふうも無く前向きな奴だった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



これは俺の話です

母親と姉に霊感があり、
俺も小さき時まで霊感があったそうです

現在俺は31歳で、
5年前ぐらいの出来事です

当時、仕事を辞めるか辞めないかで悩んでた俺は
地下鉄に乗りながら、一人で家に向かってました

人も少なかったので、
一番端に座ろうと
優先座席に座って本を読んでたんです

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



この間の体験。

きっかけが物凄く恥ずかしい話なんだけれど、
引かないで読んでもらえると嬉しい…

一人暮らし初心者でバイトもせず、
恋人もいない自分は、
初の長期休みで、
寂しくて寂しくて人恋しくなっていた。

それでとある夜、
トチ狂ってエアラブラブごっこをしていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



大学の免許の関係で、
養護学校に体験に行ってきた。

常にどこからか奇声が聞こえてくるわ、
俺より背が高いような生徒がイキナリ腕つかんでくるわで、
なかなかすごいところだと思った。

二日間、体験をしたんだが、
二日目に不思議なことがあった。

俺が担当させられたのは、
小学部っていうところで、
小学生の年代の障害児がいるところだった。

そこで、たぶん一番大人しい子だと思うんだが、
Aくんっていう男の子と一緒に遊ぶことになった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ