【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

カテゴリ: 洒落にならない怖い話



28歳から30歳までの約2年間の結婚生活での話。

現在は離婚後2年経ってます

結婚式の日に旦那の祖母が亡くなられた。

朝婚姻届を出してすぐに姑から電話がきた。

「おばちゃんが亡くなった。
どうしようどうしよう」

式当日だったので、
私側の親戚には言わず、
結婚式と披露宴を行った。

元旦那側の親戚は作り笑いもできる状況ではなく、
異様な雰囲気の挙式だった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



高校三年の四月に
俺のオヤジが家の金(俺の学費用に貯めて貰ってた金も入ってたらしい)
勝手に使ったり、会社に仕事の成果偽って報告してたり、
家族に内緒ですげぇ借金してたりしてたのが発覚した。

会社は勿論クビになったし、
借金は親戚が一度は全部返してくれたんだが
そっからもドンドン新しい借金が発覚して、
ついにオカンも離婚したんだわ。

婿養子だったオヤジだけを我が家から追放して、
借金の影響が我が家に来ないようにしたんだが
オヤジの悪行を聞いて難病抱えてた祖父さんは
参っちまったのか病気の悪化で入院して、
そのまま死んじまった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



日本海側のあるリゾートホテルに出張で行った。

リゾートホテルと言っても
既に潰れているいわゆる廃墟、
目的はそのホテルをうちの会社が買うかどうかの現地調査、
写真撮影のための出張だ。

田舎の海沿いのホテルなので
駅からかなり遠い。

タクシーに乗って目的地を運転手に告げると、
あそこは「出るらしい」って言われた。

現地について確かに薄気味悪かった。

人っ子一人いないホテル。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



夏休みに大学仲間の男3人で
四国へ旅行に行った時の話なんだけど、
ナビもついてないオンボロ車で、
山中で迷ってしまって、
どうにか国道に出る道を探し回っていた。

あたりも薄暗くなってきていたので内心焦ってたんだけど、
どんどん道が細くなってって、車一台通るのがやっとの道幅。

俺は運転もせず後部座席だったからまだ余裕があったけど、
運転してた友人は相当焦ってたと思う・・・

どんどん道を登っていくと、
腐敗した小屋があり、
覗きこむと小学生くらいの男の子が
自分たちに背を向けたかっこうで立ちすくんでた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



自分の家系はみんな霊感が強くて
自分も昔は強く、よく霊を見てました

霊感があると言う人はたくさんいるけど
ほとんどの人は「ただ見える」だけだと思いますが、
自分の場合は見たい時に見えて
(見ようと思わない時に霊が近くにいてもわかる)
そしてその霊がどのように死んだのかがわかりました。

そして小6の時に
4LDK3万2千円の物件に引っ越しました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ