【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

カテゴリ: 洒落にならない怖い話



今、高校3年です。

小学校6年と去年のお盆の話をします。

自分の父親は次男で東京に出てるんですが、
毎年お盆には田舎の実家に里帰りをします。

母親と、自分や弟もついていくんですが、
年によって1泊のときも5泊くらいしてくるときもありました。

小6のときはじいちゃん、ばあちゃんがいたんですが、
2年後にばあちゃんが亡くなって今はじいちゃんだけです。

ばあちゃんの葬式にはもちろん行きましたよ。

小6のお盆ですね。・・・
このとき自分は死んだと思うんです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



これは松濤に住む叔父さんから聞いた話になります。

叔父さんは若いころかなりの会社人間で、
今でこそ役員ですが
ヒラのころはかなり無茶な量の仕事をこなしていて、
長時間残業当たり前、帰宅はいつも午前様でした。

大量の仕事を抱えて奮闘していた叔父に、
急に山陰支店にヘルプに行ってくれという辞令が下りたときのことです。

叔父さんはその日も残業を終わらせた後、
帰宅もせずにそのまま社用車で直接山陰支店へ向かうことにしました。

当時はカーナビなんかない時代ですので、
車のダッシュボードに積んであるロードマップをめくりながら
記憶をたどって車を走らせます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺のいとこが海岸で釣りしててさ。

デカい魚を何尾も釣れてもう大はしゃぎ。

一緒に行った仲間と記念撮影したんだ。

するとちょうどその時、
後ろの方で大きな音がして何やら大騒ぎしてた。

聞くと崖から男が飛び降り自殺したらしい。

警察が来たり事情聴取されたり、
もう大変だったって。

しばらくして解放されたんだけど
もう疲れて疲れて。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



じいちゃんに聞いた話。

地元はH県にあるど田舎で、
中学校より高い建物なんて全くない場所だった。

わりと昔から人が住んでいたらしく、
△△民話伝っていう本が図書室に置いてあったのを
中一の俺は見つけた。

古い古い文章を現代語訳したものらしい。

こんな、しょっぱくてつまんなそうな本
だれが目つけたんだよw
とか思いながらそれを読んでみた。

だが内容は、
俺の思っていたものとは違った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺はサラリーマンなんだけど、
ここんところ仕事上の悩みがあってね。

したら知り合いから、
これを枕の下に敷いて寝たら
ちょっとした予言を夢で見ることができるっていう和紙に描いた絵をもらったのよ。

なんでも地元じゃ有名な宗教団体から出たものらしかった。

それが振り袖を着て正座した女の絵なんだけど、
なんと顔が牛だったんだよ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ