【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



去年の夏にあった話です。

俺は通学のため朝の八時頃電車に揺られていました。

朝のラッシュ時で、電車はギュウギュウに混む日と、
そこそこ混む日と混み具合にむらがあったのですが、その日はそれほど空いてなく
俺はつり革を掴みながら窓の外の流れる風景を眺めてました。

ふと横を見ると、窓の外に車両の連結部分から手が出ているのに気が付きました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



2年前の夏、大学からの帰りでの話。

駅からチャリで自宅に向かっている途中、
遠くで黒い煙が立っているのが見えた。

「火事かな?ちょっと行ってみるか。」

と、野次馬根性まるだしで現場に行くと、かなり火が燃え上がっていた。

まだ消防車は到着していないようで、その家人らしき夫婦と近所の人、
それから通行人らしき人たちが呆然とその様子を眺めていた。

ふと2階に目をやると、窓際に少女がいる。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



小学校四年から、変な夢を見るようになった。

当時僕はイタズラされやすい、
遊び仲間には入るけど最も見下されているという
ジャイアンからの、のび太みたいなキャラだった。

それでもイタズラが苦しいでもなく。

ただ、デジャヴのような夢がひたすら恐怖だった。

ある日こんな夢をみた。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ