【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



うちの町内にある神社には、

”日本名水百選”

に選ばれた程の清水が湧き出る小さな泉がある。

週末ともなると、近隣だけではなく
遠方からも評判を聞きつけて
多くの人々がその清水を汲みにやって来る。

また、その水は飲んだり、
患部にかけたりすることで病気やできもの、
腫れものなどが直るとされる霊験あらたかな聖水としても知られており、
そんなご利益を求めてやってくる人も少なくない。

だが、あまり知られていないが、
その泉にはこんな逸話が残っている。

百年ほど前、泉の近くにある母娘が住んでいた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



これは俺が浪人時代に体験した話

当時、俺は予備校に通っていたのだが、
日曜日はボランティアで小学生のサッカーの
クラブチームのコーチをしていた。

そのクラブチームは
俺が小学1年の頃立ち上がったチームで、
俺は6期生にあたるOBである。

立ち上がったときにはコーチも
サッカーをよく知らなかったという状態から始まり、
6年になる頃にはその地区で1,2を争う
強豪にまで育っていったチームであった。

そのため、自分にとっても思い出深いチームであり、
よく顔を出してはコーチをしていた。

さて、夏に入りそのクラブチームでは
恒例の3泊4日の夏合宿が行われることになった。

場所は・・・・・どこだっけか。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺が友人から聞いた話。

友人は古い一軒家を借りて独り暮らしをしているが、
庭で飼うならという条件付きで、柴犬を飼っていた。

この柴犬は従順で、番犬としても申し分ないのだが、
嫉妬深くて少し臆病な感じの性格の犬だったらしい。

しかし彼は、その犬を家族同然に扱っていて、
遊びに行く時はいつも一緒に連れて行った。

だが、友人の職場での仕事が忙しくなり、
犬を散歩に連れていってやれない時期があったので、
お盆休みに入る前の夜のこと。

彼は犬のことを思って翌朝の散歩が待ちきれず、
夜の散歩に出かけることにした。

彼の家の周りには古い墓地がある。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ