【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



中学生の時。

家から少し離れたところに明らかに誰も住んでいない廃墟がありました。

壁一面に蔦が生い茂ったいかにもって出で立ちの一軒家。

ある日の部活明けに、同級生8人で忍び込むことに。

時間は8時頃ドアを開かなかったため裏へ回り、窓から侵入。

真っ暗な中。

懐中電灯の照らした先には何故か無数の人形と、
ボーリングのピンが壁に沿って並べてあった。

お祭り気分で乗り込んだものの、この時点でかなりテンションはダウナー。

8人もいるのに口数はかなり減った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



夫から聞いた話です。

昨年、夫は秋田県にある私立の精神病院にパート勤務しておりました。

ご存知の方も多いでしょうが、精神病院には開放病棟と閉鎖病棟と2つの病棟があります。

閉鎖病棟の出入りには鍵を必要とし、
患者さんも一般生活が困難でありそうな方々が入院しています。

秋田県の郡部の方が多く、近年まで続いた近親婚の影響も多々見受けられ、
閉鎖病棟から退院もしくは開放病棟に移る方は稀で、家族からの懇願もあり、
一生を閉鎖病棟で過ごされる方が殆どと聞きました。

閉鎖病棟の中ほどに女性患者の個室があり、なぜか入室して2ヶ月ほどすると
患者さんが亡くなってしまうという噂の部屋でした。

夫もその噂を聞いて以来、病室の前を通ると気味が悪かったそうです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



自分が23歳(今から7年前)の時に経験した話をします。

友達と伊豆の「田牛」のペンションに友達と2人で泊まりに行きました。

到着した時間も少し遅くて部屋で少しゆっくりしたらすぐに夕飯の時間(7時位)でした。

夕飯を食べて、部屋に戻って友達と二人で「夕飯足りないね」などと話をして、
下田まで出掛け何か食ってくる事にしたんです。

田舎のせいか夜になるとやってる店もそんなに無く
とりあえず電気のついてる居酒屋に入って飯を食べる事にしました。

少し酒も入り、腹も満足したのでペンションに帰りました。

車を置き「海でも見てみる?」という話になり
ペンションの前が人の通る道で防波堤で海って感じになっていたので
ペンションの入り口の目の前に防波堤を登る階段があったので向かいました。

ペンションでは楽しそうに家族で食事をしている人達やカップルの姿が窓から見えました。

と、入り口の横のベンチに人がいて俯いて座ってるのが見えました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ