【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



俺が小学生の頃の話です。

小学3年の頃、祖父が亡くなり祖母と同居することになった。

その頃から俺は3日に一回は
激しい頭痛と嘔吐を繰り返すようになった。

医者に行っても原因が分からなかったが
祖母が何かを唱えると不思議とよくなった。

そんな状況が半年ぐらい続いた頃、
父が知り合いのお坊さんに頼んで
お払いをしてもらうことになった。

家族は皆お払いを受けることに賛成していたが
なぜか祖母だけは反対した。

お払いを受けると
その日から驚くほど体が軽くなり
以前のように過ごすことができるようになった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私がいた小学校であったお話らしいです。

この学校にいたA君は、運動が苦手でした。

その中でも鉄棒が大の苦手で当然体育の授業は大嫌いでした。

そんなある日、体育の時間逆上がりのテストが行われることになりました。

その日からA君の特訓が始まりました。

休み時間はもちろん、放課後も遅くまで残って一人で練習を続けました。

始めは笑っていた友達も、
彼のひた向きな姿を見て練習に付き合うようになりました。

が、何日たっても逆上がりはできず、
そのうち友達もあきらめてしまい、
再び一人で練習を繰り返していました。

でも彼はあきらめませんでした。

そして彼の努力は実を結びテストの前日、
ついにできるようになったのです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



学生の頃に家庭教師をしてた。

教え子とヒマになると怖い話をしていて、その子がしてた話。

昔、テレビで「夕にゃン」ってあったじゃないですか。

で、この番組を小さい頃教え子が見ていたらしい。
(ちょっと古くてスマソ)

その中に田代まさし(?)の心霊写真コーナーがあったらしい。
(自分は当時見ていないのです。)

これを教え子は夢で見た。

夢の中で学生さんたちの集合写真があって、それは白黒だった。

で、並んでいる生徒達の中で飛びぬけて顔の大きい子が二人写っている。

テレビの中ではそれを田代まさしが指差して、
観衆は「こえ~」と言っている夢で、
特に男女一人づつの顔が大きいんだけど、
女の子の方が特に怖い表情だったらしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ