【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



祖父から聞いた話なのですが
祖父がまだ20代の頃すんでいた賃貸アパートの話です

そこのアパートの寝室は和室で
隣の居間とふすまで繋がったいたそうです。

ある夜、寝ていたら突然金縛りにあい

「スパー-----ン!」

とふすまが開いたのです。

そのにはガリガリにやせた女が正座しており、赤ん坊を抱いて
髪の毛をパサ....パサ.....と揺らして居ました。

その時祖父は気絶してしまい気付くと朝だったそうです。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺が今まで生きてきて
一番怖かった体験を話したいと思います。

実際起こった出来事なんだけど
現実の話ってこうやって文にしてみると
大して怖くねーなって思ったよ。

まあ俺の文章力が無いだけか。

でも書く。

もう十年以上前の出来事になるが
当時俺は都内で学生をやっていた。

地元はとある田舎なんだけど、
地元には気心知れた友人が何人かいて
休みになると地元に帰っては朝まで飲んだり、
ナンパしたりコンパしたり
楽しい時間を過ごしていた。

そんな夏休み。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



漏れの所にこんな手紙が...
その手紙は便箋4枚もありました。

内容は全部カキコ出来ませんが、その一部をカキコします。

「おまいにいておく。こころのじゅんびはいいか?」
「わしのこ、わしのこ、おまいはわかるはず。」


そんな、意味がよくわからない言葉が
全部ひらがなで書かれている。

「おまいの、てとあしとはわしがうごかしている。」

「わたしは、ITEMNEETO」

「おくみより」

こんな感じで書かれていた。

だれか、助けて下さい。

はっきり言って怖いです。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ