【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



私はコンビニでアルバイトをしているフリーターです。

先日の土曜の深夜にシフトが入っていたときのこと、
いつもと相変らずに菓子だしをしたりレジを打ったりしているうちに
ゴミ処分の時間がきました。

ゴミ処分の時間はだいたい2時~3時ぐらいに始めて
45分後ぐらいで終わります。

田舎のコンビニなので辺りは
数件の民家と暗い県道、田んぼと山ぐらいしかなく、
勤務中にもかかわらず今ではタバコを吸う余裕があるくらい誰も来ません。

その日も俺はゴミを分別したりまとめたりしていたのだが、
田んぼを隔てた山から子どもの大きな泣き声が聞えてきました。

その泣き声は今まで聞いたことのないくらい大きく必死な泣き声でした。

山には家など建っておらず、その泣き声の持ち主の子どもが心配になりました。

しかし、夜勤ということもあり疲れから幻聴が聞えているのではと思い、
タイミングよく来た女性客に尋ねましたが、
運悪く聞き耳を立てた時だけ泣き止むのです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



31歳会社員男です。

10年ぐらい前の話。

俺は霊をみるまでは霊の存在を信じていなかった。

墓石や地蔵によく小便をかけるばちあたりだった。

大学3年の時にゼミ合宿先にあった古い銅像も木刀で叩いて遊んでた。

そしてゼミ合宿から家に帰り自分の部屋で寝ていた。

すると、家の外から男数人が大声を上げて喧嘩する声で起きた。

よくやるな~と思ってた瞬間、喧嘩の声が部屋中に響いた。

そして生まれて初めて全身金縛り。

尋常じゃねぇ、ヤバイと思った時、喧嘩の声が耳元で響き始めた。

何を言ってるか分からなかったけど凄く叫び声、怒声といった感じだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺は団地の3階に住んでるんだけど、夜コンビニに行こうと思ったのよ。

9時頃だったかな。

まあ、普通に買い物して団地の入り口まで戻ってきたのよ。

階段を上がって部屋まで行くんだけど、階段に付いてる照明が暗いんだよね。

俺結構ビビリだから早く直してくれればいいのになぁ・・

っていつも思ってたのよ。

まぁ、しょうがねぇかとか思いつつ階段を上って行ったのよ。

一階の階段・・踊り場・・・二階・・

二階の階段を上がろうとした時だったのよ。

踊り場の壁に人影があったのよ。

もうその時点でドキッ!!としてたのよ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ