【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



昔、電気もなかった時代。

冬は、かなりの恐怖に震える季節でした。

太陽の、当たる時間の方が短いので、
民衆は悪霊が光を奪っていると思い込み、冬の間
その恐怖と悶々と闘っていました。

それもそのはず。

山等の暮らしには、事故がつきもので、
冬眠する前の獣が人間を襲うという事も、度々あったそうです。

雪が降ると雪崩れ等もあります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



この前の夜、友人とドライブ中の話。

田舎の道を走ってたら着物のババアがしゃがみこんで
道の脇の何かにすがりついてた。

友人も気がついてたみたいで

「あの婆さん大丈夫かな」

みたいなことを言った。

車もあまり通らないし、発作かなんかだったらヤバイと思い
様子を見に引き返すことにした。

んでさっきの場所に戻るとババアは居ない。

そのかわりババアが抱きついてたやつに
ぼろ雑巾のような布が掛けられてた。

最初はそれが何かわからなかったが、友人が

「婆さんの着てた服だよな・・・」

と言った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ある大学生が、部屋に監視カメラを、隠しました

監視カメラには、金槌を、
持った髪の長い女性が、居ました

押入れから出てきて回りを、見回してました

その後彼自身の声が、
聞こえて押入れにまた戻る彼女・・・・・・

男は、押入れの方を、見ました

すると彼女が、見てました

男は、慌てて部屋から出て行きました

彼を、心配した友人が、様子を見に来ると
彼は、自分が、見た事を友人に伝えた

友人と部屋に戻りました

部屋には、彼女の姿が見えなかった

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ