【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



昨日の夜、飲みに行ってたもんで少し遅めに帰ってきたんです。

家に帰ると、家族は寝ています。まあ、1時過ぎていたので
それは仕方のない事なんですが、何か変だったのです。

電気もストーブもつけっぱなし、挙句の果てにはテレビまで
大音量でついていたんです。

電気とストーブは、自分への心遣いと思えなくも無いですが、
テレビがついたままなのは、ちょっとおかしいと思いました。

しかも、何故かみんな居間で寝ています。

父と母は時々居間でそのまま寝る時はあるけど、弟は年頃なんで、
いつも必ずと言って良いほど、自分の部屋で寝てるのです。

なのに今日は居間で・・・しかも三人がきれいに川の字に並んで。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私の実家は、戦後まもなく祖父が人から買ったもので、随分と古い家だった。

普段は箪笥などが置いてある6畳間には広い押し入れがあり、
ストーブや扇風機、客用の布団や衣装ケースなどが納められていた。

幼い頃、悪さした時などは良くそこへ閉じ込められたものだった。
最初の頃は、暗闇の恐怖と孤独感からか、私も本気で泣叫んでいたが、
成長するにつれ暗闇にも慣れてくると、あらかじめ隠しておいたキャラメルや
ミルキーなどの菓子を食べながら、布団にもたれて寝てしまい、
心配した母親が戸を開けるまで、眠りこけていることもしばしばだった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



3年ほど前の事です。

当時、私は倉庫会社の配送担当をしていました。

その日は、仕事が終わってから仲間と一緒に飲みに行き、
その後2軒3軒と飲み歩くうちに、気が付くと終電は無くなっていました。

翌日は早朝から積み込みと配送があったので、
私は会社に泊まることにしました。

倉庫の横にある事務所の2階に休憩室があり、
早番や遅番のドライバーは、そこで仮眠を取ることが良くありました。

ただ、深夜には「出る」という噂があって、
そこで夜を明かす人はほとんどいませんでした。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ