【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



俺の友人(以下H)の兄貴(以下M)に起こった出来事。

Mが、なにやら奇妙な出来事に遭遇したらしく、
携帯で弟のHに実況し始め、
俺はそれをICQでリアルタイムに聞いていた。

夜中にMがバイクで、長野と静岡の県境に差し掛かった時だ。

ガス欠を起こして、バイクを道端に止め
灯りが見えるほう(おそらく街)に歩いていった。

GSを探すか助けを呼ぶためだったかな…記憶が曖昧でスマン

灯りが見えるほうへ続く道は細く、
山道のようになっていて
電柱も殆どなく真っ暗だったそうだ。

しばらく歩いていると、道の脇に地蔵を見つけた。

それが数メートル間隔でどんどん道の奥へと続いていったらしい。

最初のほうの地蔵は、特に何の変哲も無かったが
歩くに連れ、道端にある地蔵のあちこちが欠損していたり
首がもげてたりしていたらしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



この話は誰にも話したことがありません。

こうした場所だからこそ話せるというか・・・
長くなりますがとにかく聞いてください。

私は大学最後の夏にサークル仲間と伊豆大島にいきました。

仲間の一人の実家が民宿をやっているのでそのツテです。

初日二日と王の浜や弘法浜で泳ぎまくったあと、
三日めは三原山をメインに島の観光スポットを回りました。

その夜のことです。

相当疲れていましたが、怪談話大会をすることになりました。

中心はもちろん地元のUです。

U含め6人で借りている大部屋に車座にすわり、
午後10時過ぎくらいから始めましたが、
12時を回るころにはUの話に引き込まれっぱなしでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



あるとき、ふと机の下を見る。

自分の足だけだ。

そのままPCを続け、ふと寝入ってしまう。

寒気を感じて、ふとおきる。

時計は夜の2時半を表示している。

何かを感じて足元を見る。

なにかにひっぱられている。

自分でも信じられないくらいの力で引き戻す。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ