【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



2年前の話。

今もいる所なんですが
木造の小さいアパートの2階に住んでいて
部屋は8畳一間で中から見て玄関の左にトイレ、
右に台所があるよくあるタイプの貧乏畳部屋。

その日はとても暑く、
真っ昼間からバイトも辞めて部屋でマターリしていたら
玄関の方から

「○○さん」

と小さな女の声がした。

また宗教か…って思いながら

「はぁい」

って、だるそうに振替えって玄関を見ると
台所のすぐ上の小窓からこっちを見てる痩せた年配の女がいた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私、ちょっと変わった印刷屋をやってまして、
仕事でお札等を印刷することがよくあります。
(普通の印刷もやっていますが)

そのため、よく真っ新のお札を持ち歩いていたりするのですが
ときどきホテルに泊まったときなんかに、つい、いたずらで
絵の裏とかにこっそり貼ってしまったりすることがあります。

泊まった部屋で、絵をひっくり返してみて、
妙に真新しいお札が貼って、
怖い思いした人はごめんなさいね。

ほんの出来心です。

そうしたいたずらで、個人的に一番、怖い思いをしたのは、
近年、人気のある温泉観光地に行ったときのことですね。

ホテルから帰ってきたすぐ次の日に
ホテルから電話がかかってきまして、
どうやら悪戯がばれたらしく、
勝手にお札が貼り付けてあるがどういうことか、と厳しく
問いただされたことですね。

「いやな感じがしたので、お守りのために貼ったまま忘れてました」

と適当にごまかせましたが、
さすがにああいうイメージを大切にするところは
管理を徹底しているものですね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



高校の時の話。

体育の授業が始まる直前、
体育シューズを教室に忘れた俺は慌てふためいて教室にとりに帰った。

階段を駆け上がり、教室のドアを勢いよく開け放すと、

女子が着替えてましたw

どうすりゃいいかわからず、
ひとまずごめんなさいして廊下で待つ事に。

着替えが済んででてくる女子連中に冷やかされながら、
正座して待ってると、当時好きだった子に

”みんな着替え終わったよ”

と告げられ、思わず

”俺の恋も終わりました”

と。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ