【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



大学卒業する間際のころ。

田舎の親から電話があって、

「おばあちゃんがお祓いをすると言って聞かない」

といわれ、しかも

「家族全員がそろわなきゃだめだといってどうしようもないのよ」

とのこと。

忙しい時期でしたが内定先の説明とかもあったので
急遽帰省することにしました。

私は

「またばあちゃんが変な宗教にひっかかんだろう」

ぐらいにしか思ってませんでした。

家に帰ると客間、実際は父親のオーディオルームと化してましたが、
そこに神社などでみる大きい神棚が組まれていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



自分の体験談でなくて悪いのだが、
友人から聞いた話を体験談風に書いてみる。

高校の同級生が大学のときの体験談だが、
この男はべつにとりわけ臆病でも怖がりでもない

むしろかなりの鈍感である。

夜中に墓地のそばを通ってもなんとも思わず、
中を通れればもっと近いのに…とか考えてるような奴である。

学生の時住んでたアパートであった出来事。

もう10年以上前の話だが、
どこを見ても学生ばかりの古い木造アパートに住んでいた。

合板のベニヤの壁には穴や傷などお構いなしに、
ベタベタとポスターを貼りまくった。

長く貼られたポスターはもともと貼り方が悪かったのか、
湿気で膨らんだのか、上辺左側の角付近が壁からだいぶ浮き上がっていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



すごく恐いかは、わかりませんが、
一昨年の夏に友人と体験したことです。

私は、体験した本人として、
恐ろしくてしょうがないので、誰かに聞いてほしいんです。

一昨年の夏、大学が夏休みになったので、
同じゼミの男友達A、Bと私の3にんで
Aの実家に遊びにいくことになりました。

Aの実家は東北の岩手県で大学からは、
少し遠いので、2泊3日の予定で、岩手を観光する予定でした。

Aの実家はかなりの田舎でした。

近くにきれいな小川があったので、到着した

その日は、釣りをしてすごしました。

そして、その日の夜、Aの知り合いの地元の女の子2人と、
庭先で花火をしたあと、Aが「肝試ししよう」と言いだしました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ