【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



僕は昔、霊感が強いっていうか
他の人には見えないものが見える子どもでした。

でも大人になるにつれそういうものが見えなくなって、
霊の記憶なんて薄れ始めたころです。

去年の夏休み。

僕は部活で学校に通ってました。

いつもの駅の、ホームに下りる階段で、僕は何かイヤな予感を感じました。

ホームの少し向こう、線路際に、
スーツ姿の、中年の男がたっていたんです。

暑さのためか、ぼーっとしてるみたいでした。

足元に目を向けると、アナウンスで流れる「黄色の線」の上に立っています。

そのまま視線をずらすと、ホーム下でしゃがんでいるのか、
胸から上だけホーム上に出してる男が見えました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



5年前かな?

俺が、旅館に泊まった時の話なんだけど
誰かが部屋の窓をコンコンって叩くんだよ(朝はやく)

何だろう?
と思い窓を開けると、
そこに40歳ぐらいのオバサンが立ってたんだよ

小太りで、髪がバサバサで、汚い服を着てた

すると、そのオバサンは

「あははは」

って笑いながら部屋に入ってきた

俺が

「何だよ!ババア!出ていけよ!」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



先行上映の前券買いに、近所の映画館へ行った。

たった5分目を放していた隙に、チャリ紛失。

あちこち探し回ったが見つからない。

「やられた!」

と思ってその足で交番へ届けてきた。

チャリ泥棒にやられたのは、大学入学以来これで2度目。

前のは盗まれたきり、ついに戻ってこなかった。

「見つかり次第連絡するが、すぐにというのは難しいねえ」

と言われた。この前と同じだ。

とりあえず、安い中古品でも見繕ってみようかと思った。

2週間後、届け出た交番から思いがけず電話があった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ