【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



夜に入ってはいけないといわれてるトンネルがあったという。

従姉の友達のお父さんが若かった頃、
友だち4人とそのトンネルに肝試しに行くことになった。

そのトンネルは、ちょっと人里から離れた山の中にあって、
1台の車にみんなで乗り合わせて行くことになった。

電燈なんてもちろんなく、辺りは真っ暗。

大勢できたもののやっぱり怖くなって、
車に乗ったままスピードを落として
トンネルを通過してみることになった。

トンネルの中をそろそろと車が進む。

しかしこれといって不思議なところはない。

半分ほど進んで、なんも起こんねえなあ、
なんて車内で話してたところ・・・

ドゴンッ!!

突然の衝撃音。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



小五の林間学校の時先生から聞いた話。

ある寺に3人の若者がやってきて、
住職に以下のような昔話を聞く。

-----------

昔ある村に母子がすんでいた。

その親子は村八分にされていた。

ある日その母が村びとの一人から投石をうけて死んでしまう。

子は遺体を家に持って帰る。

気になった村人達が親子の家を覗いてみると、
子の口から母の物らしい手がはみ出していた。

-----------

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今さっきのことだ

正直まだ恐怖で震えてる

俺の部屋は寝室がマンションの廊下に面していて、
磨りガラスの窓がそこにある

人が普通に通る昼間は閉め切ってるが、
人がまず通らない夜中は換気のため
時々開けている

今夜もタバコの煙を換気するため開けていた

遠くに猫の甲高い鳴き声が聞こえ続けていた

どこか近所で猫同士が喧嘩しているらしい

五月蠅かったが無視していた

猫の鳴き声は延々30分ほど続いていた

突如鳴き声が止まった

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ