【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



おいらが消防のころ、おばあちゃんが亡くなりました。 
 
おばあちゃんは、ちと有名な絵描さんでした。 
 
なくなったとき、地元のデパートの最上階で追悼個展を開きました。 
 
それは、基本的なスタンスとして、売買や譲ったりというのはなしということだったのですが 
あるおじさんがどうしても欲しいと言うので、ばあちゃんが最後に描いた絵を譲ることにしました。 
 
それから、2年ほど経った今その絵は家に有ります。 
 
そのおじさんから連絡があり、その絵を引き取ることになったのです。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私は、ずっと母親と二人で暮らしてきた。 
 
父親は自分が生まれてすぐにいなくなった、と母親に聞いた。 
 
祖父や祖母、親戚などに会ったことはない。そんなものだと思っていた。 
 
それが異常な境遇だということに気付いたのは、ずっと後になってからのことだった。 
 
いつ頃のものかはわからないが、姉がいた記憶がある。 
 
夢のようにかすかな記憶なので、本当のものなのかはわからない。 
 
ただ、小さい頃、母親にそのことを話すと、なぜか酷く叱られた。 

その頃は、引っ越しばかりしていた。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



15年前に体験した話です

大学卒業後、就職先の近くにアパートを借りることにしました 
 
しかし、不動産屋の手違いからか入居予定だった部屋には、違う人が入居していました 
 
職場に近いアパートを紹介してもらい、
敷金・礼金と家賃の2か月分はお詫びという形で 
不動産屋が負担してくれました 
 
2階建ての木造アパートで、外見はかなりひどいものでしたが、 
部屋はリフォームされてあり、まずまずでした 
 
私の部屋は1階の東側で、日当たりもよく風通しの良いところです 
 
玄関を開けると右側に洗面所 6畳ほどの台所、奥には6畳の和室 

住み始めて3日経った夜中のこと 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ