【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



会社の寮での話。

ある社員が一人部屋でぼ~っとしていたら
『コンコン』『コンコン』とノックの音。

なんだかすごく眠いのでほっておいたらノブがガチャッと開き
顔色の悪い見知らぬ男がぬーっと覗いてきた。

だが、少し様子が変。

普通ならドアから中を覗く場合、顔が少しは傾くのだが
そいつは顔が垂直のまま覗いていた。

だが、首から下は姿が見えない。

なんだか不気味なので腹が立ってきたその社員は

「おい、なに人の部屋勝手に覗いてんだよ!」

と言って立ち上がりドアの方へ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



数年前何かのテレビでやってた話。

ある男の人の実体験らしいのだがその人(仮にAさんとしよう)が
保育所くらいの子供のとき公園で遊んでいると
制服をきて自転車に乗った男の子が話しかけてきた。

ちょうど当時は中学生くらいに見えたという。

その子は「いっと(一緒)に遊ぼう」と声をかけてきた。

Aさんは「いいよ」と答え一緒に遊びだした。

男の子の名前を尋ねると

「ようたん(ちゃん)って呼んで」

と言うのでAさんはようちゃんと呼び一緒によく遊んだ。

ようちゃんは野球も教えてくれたりしていろいろな遊びを教えてくれた。

少し舌足らずな話し方が印象的だったという。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



これは、俺の祖父の父(俺にとっては曾じいちゃん?)が
体験した話だそうです。

大正時代の話です。

大分昔ですね。

曾じいちゃんを、仮に「正夫」としときますね。

正夫は狩りが趣味だったそうで、
暇さえあれば良く山狩りに行き、
イノシシや野兎、キジなどを獲っていたそうです。

猟銃の腕も、大変な名人だったそうで狩り仲間の間では、
ちょっとした有名人だったそうです。

「山」という所は、結構不思議な事が起こる場所でもありますよね。

俺のじいちゃんも、正夫から色んな不思議な話を聞いたそうです。

今日は、その中でも1番怖かった話をしたいと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ