【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



あるマンションでの話し。
 
奥さんは出掛けるとき近所の人によく伝言していった。
 
近所の人は、旦那さんが仕事から帰ってくると、 

 「お宅の奥さん、今日は帰り遅くなるそうですよ」 
 「お宅の奥さん、ゴミは分別してくれって文句いってましたよ」 
 「お宅の奥さん、ちょっと出掛けてくるっていってましたよ」 

とことづてする。 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



三年前、尿管結石でS県の病院に入院した。
 
入院一日目、昼間安静だったのが、夜になって猛烈に痛み出した。
 
就寝時間だったので、ナースコールしようと思ったが、なんとか我慢できるような気もした。
 
石が下がって急に痛みが引くこともある。
 
そんなんで頑張っていると、大部屋の扉が開いた。
 
一時間ほど脂汗をかきながら耐えていたが、他の患者の出入りはなかった。 

(ナースの見回りに違いない、痛み止めの薬をもらおう)と思っていると、 
  
「ちがう」……男がぼそっとつぶやく声がする。 

スリッパのスルッスルッという音とともに、ベットを見回っているようだ。 

ついたて越しに、また「ちがう」とつぶやいた。 

なぜかひどい悪寒と吐き気がした。 

ついたての向こうに居る相手に、自分の気配を感ずかれたらやばいと思った。 
頭から布団をかぶり、目を閉じてやり過ごした。 

新参者ゆえ、その夜のことを同室の人たちに聞けずにいた。 

それに六人部屋だったが、全員内科系の疾患で、病状も軽い者ばかりみたいだった。 

患者同士親しくなる雰囲気はなかった。 

何日かして隣のベットが空き、すぐに中年の男が入院してきた。 

ちょっと話をして、男が胃潰瘍の検査入院であることが分かった。 

手術の日程が決まれば、すぐにほかの病棟に移動するのだろう。 

こちらも石はだいぶ下って、膀胱まできていた。 

またぞろ痛みがぶり返している最中だった。  
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



多分アルファウェブで読んだ話なんだけど、どこにあったかわからない。
 
適当に再現してみます。 

私の田舎には走り屋が集まる峠道があり、私もよく行っていました。
 
ある夏の終わり、週末の夜に友達と一緒にその峠に出かけようということになりました。
 
行ってみると週末なのにぜんぜん人がいませんでした。
 
いつもならたくさんいる走り屋もギャラリーもいなくて、峠道はいつにも増して暗い感じでした。 

何でだろうと思いながらどんどん走って、折り返し地点になる駐車場まで来てしまいました。
 
駐車場もいつもは沢山車が来てて、ギャラリーも集まってたりするんですが、その日は一台も来てませんでした。 

がらんとした駐車場で、自動販売機の明かりだけが煌々としていました。
 
でももうしばらく待ったら人が集まってくるかもしれないと思って、ジュースを飲みながら友達とだべっていました。 

ふと気がつくと、駐車場の反対側に、5,6人の男女のグループがいました。
 
「やっぱり誰か来てるじゃないか」と思いました。そっちの方は暗いから良くは見えなかったんですが。  
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ