【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



会社の先輩から聞いた話。 

彼がさる田舎の町へ出張に行った時、仕事が早く済んだので飲みに繰り出したそうだ。
 
2軒ほどハシゴしてほろ酔い気分になった彼は、酔い覚ましにぶらぶらと散歩を始めた。 

小さな町なので、中心部を少し外れると建物もまばらになり、明かりといえば、ぽつぽつと灯っている街灯と月明かりだけになった。 

しかし、普段都会で仕事をしている彼にとってはこうゆう雰囲気も悪くなく、気持ちよく散歩を続けたそうだ。 

あても無く歩き回っていると、前方に明かりが見えてきた。 

どうやら居酒屋のようだ。 

「こんな辺鄙なところに飲み屋があるのか。酔いもさめてきたし、もう一杯いくか。」と、彼は店に向かって歩き出した。 

しかし、店に近づくにつれ、なんともいえない妙な気分になってきたという。 

店の中では何人かの人影が動いているのが見え、その中には子供もいるようだ。 

だが、なんというか活気というものがまるで感じられず、近づけば近づくほど重苦しい気分になってくる。 

結局、酒好きの彼には珍しく、その店の手前で引き返し、そのまま宿泊先のホテルに帰ったそうだ。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



心霊写真。 

小学生の頃、友達が持ってきた「心霊写真」を見せてもらいました。
 
電気を消した真っ暗な和室が写るその一枚。
 
見た感じ、幽霊らしきモノは見当たりませんでした。
 
私は「コレのどこが心霊写真なの?」と聞きました。 

「よく見てよ」友達が気味悪そうに言い捨てました。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ちょっと色々あって書ききれないので本当にもう嫌だ!と思った出来事をメインに部分だけ書くことにします。 

今から10年以上前ですがとある地方都市のはずれの町に住んでいました。 
 
その町自体は小さくないのですが私の住んでいた地域は畑やら田んぼやらが多く人口密度が低いというか同じ町内みたいなものが10数件しかないのです。 
 
急な引越しでなかなかいい物件が見当たらなかった為夫が通えればいいかと、その時はあまりそういうことは気にしませんでした。 
ただ、実際引っ越してみるとそれまで都会育ちだった私はその町というか地域の雰囲気になかなかなじめませんでした。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ