【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



亡くなった私の叔母の話をします。

叔母と母が幼かった頃のことです。

叔母が夜中に目を覚まし、トイレに行こうとしました。

一人で行くのが怖かったので、
母を起こしていっしょに行くことにしたそうです。

そのトイレは家の中には無く、家から少し離れたところにあったそうです。
(昔の話ですし、田舎ですので、家にトイレがないのは珍しいことでもないです。)

叔母が用を足し、トイレを出る直前のこと、
時間が気になった母がこう尋ねました。

「ねぇ、○○(叔母の名前)ちゃん、今何時?」

すると、

「さ~ん~じ~…」

と返ってきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



僕の友人の話

そいつは霊感が強くて、
子供の頃からたくさんの経験がある。

そいつが小学生のとき、家族であるお寺に行ったとき、
そこの住職さんに呼ばれたそうだ。

「君は霊感が強いから。」

と話し掛けてくれて、もし霊に出会ってしまったら、
九の字(?)のおまじないをするといい、
とそう教えてくれたそうだ。

住職はそれで変な事は起こらないし、
霊除けになるから、と言う親切心だったようだ。

この話はその後オチがある。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私が3年前に体験した話なんですけど
私は安い一戸建てを見つけそこに住むことにしました。

最初は快適だったのですが日がたつにつれて妙な事に気づきました。

私が1階にいるとき上でボソボソと話し声が聞こえるのです。

2階に行って見るんですけど一人暮らしなのでだれもいません。

足音が聞こえたこともありました。

いったい何なんだろう・・・。

と不安は積もるばかりです。

しかもそれは日がたつにつれだんだんとうるさくなっていきます。

間違いなく2階に誰かがいる。

私は2階に行って一部屋一部屋チェックしました。

しかし窓は閉めてあるし人が外から入ってきた形跡などありません。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ