【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



10年近く経つのに気になってしょうがない話。

中学生の時、俺はいつも通り学校から帰ってから部屋でテレビを見てた。

2時間位経った7時位に廊下から

母親「○○ー ご飯だよー!」
俺「まだいい」
(確か、好きな番組見てたから)

15分程経った時、ふいに部屋のドアを叩く音。

母親「○○!ご飯食べちゃいなさいよ!」
俺「まだいいって!」

当時、俺の隣の部屋は妹の部屋で、その時妹も隣にいた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



恐い話とは違うかも知れないが、つい1週間前の話。

住んでいるアパートのすぐ裏にクリーニング屋があって、
近所と言う便利さもあって、会社帰りにクリーニングを
受け取ったりして俺もいつもそこを利用していた。

その夜も仕事を終えて、そのクリーニング屋の前をいつものように通って
帰宅しようと思ったんだが、何故だがクリーニング屋が無くなって、
その場所が更地になっていた。

火事でもあったのかな?と思ったけれど、特にそんな様子は無い。

改装かとも思ったけれど、数日前まで利用していて、
そんな話は一向に聴いていない。

とりあえず、出していたクリーニングもあったので
翌日、世間話ついでにアパートの大家に訊いてみたら、
大家も近所の人も、突然の事なので驚いているという。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



数日前に娘を出産した妹から聞いた話である。

夜、娘をベビーベッドに寝かせ、旦那は床に妹はベッドで寝ていたそうである。
#実家すなわち自分の家に帰省しています。

明け方、・・・ぅぅうと泣き声みたいな声がしたので
妹は娘が起きたのかと思い目を覚ましたそうだ。

目を覚ましたが、娘はすやすやと眠っており泣いた形跡はない。

「夢か・・・」

と妹は一人ごちてまた眠ったそうである。

すると夢を見た。

髪の長い女の人(薄い水色のワンピースを着てたらしい)が
黒い箱のようなものを開けようとしてるが開かないので
その度に「ぅぅぅぅぅうううう」と泣いてるそうだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ