【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



知り合いの看護婦に聞いた話。 

彼女が勤務していたのは個人病院。ターミナルケアの老人が 
半数を占める病院だったそうだ。 

ある夜、彼女の担当している病室からナースコールがあった。 

呼び出ししたのは老婆。痴呆が進み、ほとんど植物人間状態の患者だった。
 
 「どうしたの?おばあちゃん」 

彼女は耳元で声をかけた。すると、 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



高2の夏。 
 
俺、たける、信二、恭介、ようこ、やすこ、
そして雅人の7人は放課後の教室で「こっくりさん」をしていた。 
 
もちろん7人共そんなものを信じてはいないし、
どう考えても誰かが力を加えて動かしていることが明らかだった。 
 
それでも7人はクラスメイトの事を「こっくりさん」に尋ねていた。 
 
ちょうど5人目の平岡加代子の事を尋ねていたときだった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



おととしまで住んでたアパートの話。 
 
引越しをしようと決め、物件探しをしてるとき「ちょっとした縁で安くできるから」と 
そのアパートを不動産会社から紹介された。

部屋は1K、ロフトつき、日当たりも良し。 
 
大き目の収納もあり、交通の便もよく、
ほとんど文句ない物件だったのでちょっと奮発してそこに速攻で決めた。 
 
で、当時ネコを一匹飼ってた(前に住んでた部屋はペットOKのボロアパート)んだが、そのことの 
許可をもらうのを忘れてしまい、「ま、あとでうまくごまかせばいいか~」てなぐらいの気持ちで 
ネコもつれてきた。(トイレ、鳴き癖は完全にしつけてある、という安心感もあったし) 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ