【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



ちょっとこの前帰省したときに怖いことがあったんだ

作り話だと思ってくれてもいいから聞いてくれ

俺は東京で学生やってるんだけど
昨日まで田舎の岡山に帰省してたんだ

それで1年ぶりぐらいに両親の顔を見てきたわけ

実家は俺が大学に入った後に引っ越したから
俺には馴染みが薄い土地にあったのよ

なんせ新しい実家に帰ったのはこの前で2回目だからさ

前は倉敷にあったけど新しい家は岡山市だった
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



うちの会社には、滅多に鳴らない電話機がある。

今よりも部署が多かった頃の名残で、回線は生きているものの
発信する事もなければ、着信もごくたまに間違い電話がある程度だった。

あるとき、俺は仕事が立て込んで、深夜まで一人で仕事をしていた。

週末で、何も無ければ飲みに出かけようかと思っていた矢先に
急な仕事が入ってしまい、やむなく遅くまで残業する羽目になったのだ。

その仕事も終わり、そろそろ帰ろうかと支度を始めようとした時、
不意にその電話が鳴った。

またか、と思った。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



大概どのバイトにも、仕事できて社員にもバイトにも
親しまれてるバイトリーダーみたいな人いると思うんだけど
俺が学生時代にしてたバイト先にもそういう人がいた

名前はKさん

Kさんは仕事できる、顔はイケメン、いい大学いってて、
更に性格も良くてほんとみんなに親しまれてた

俺もバイトしてる時は何度も助けてもらったし、
バイト以外でも色々お世話になったりしてKさんが大好きだった

バイト先での飲み会や忘年会でも
Kさんは常にみんなの中心にいて、場を盛り上げてた

飲みつぶれた奴の介抱や、熱くなって喧嘩しそうな奴らがいたら
止めたりと面倒なことも率先してやってくれた

Kさんは正にみんなの憧れだった
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ