【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



僕の体験した出来事です。

場所は航空自衛隊・K牧基地の学生隊舎。時はC華航空機事故のあった年です。

僕の居住区は3階の一番東側、体育館のすぐそばでした。

隊舎には陸・海・空の航空関係の職種の学生がいて、
夜ともなるとみなで酒盛りなどで盛り上がり当直の仕官に叱られることもよくありました。
 
その日もかなりの盛り上がりようで、皆楽しくとりとめのないことで激論を戦わせていました。

でも僕は昼間の訓練の疲れのせいか眠気がしてきたので、
自分の部屋ではなく通路を隔てた向かいの部屋で眠る事にしました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



霊体験じゃないけど、今だからこそ思い出して怖くなった話です。

今から15年ほど前に半年ほどロンドンに留学していたことがあります。

フラット・ホテルというホテルとアパートが一緒になったような所で
部屋はバス、トイレ、簡易キッチンが着いているかいないか、
ランクによって分かれていました。

1階(グランドフロア)には共同炊事場と共同トイレ、バスがあり、
ロビーとダイニングを兼ねた場所もあり、テレビも設置されていて
住人のサロンのようなところでした。

住人はほとんど大陸ヨーロッパからのビズネスマン、ウーマン
留学生がほとんどで、東洋人は私一人かと思っていました。

こういうところには必ず主みたいな人が居るものです。

ドイツからの留学生でゲオルクという年齢不詳の男子留学生が居て、
本人は人類学専攻で来ていると言っていましたが、
メカ・オタクで、どこからか電化製品を拾って来ては
自分で修理したり、改造したりしていて、サロンのテレビも
ゲオルクが拾って来たテレビなんだそうです。

私も歓迎の意で不気味なラジカセを頂きましたが、
帰国するまで重宝しました。

長期と言っても半年から1年ぐらい、短い人ならば
1カ月で去ってしまうようなところでしたが、
ゲオルクは3年も居る主でした。

「もう一人、日本人が居るよ。」

紹介してくれた人は韓国からの留学生で
ヨングという名の女性でした。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺の実体験でも書き込ませてもらおうか。

厨房の頃の話。

うちさ、貧乏なんですよ。

家が狭いんで一家四人で川の字+┃(4人だからね)で寝てたんです。

寝室は二階の一室。8畳間かな。

その日は姉と母がケンカしまして、姉は一人で一階の居間で寝ていたんです。

俺と弟と母ちゃんは寝室で寝てました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ