【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



この体験は、
私が小学生の4~5年生の時の出来事です。

季節は秋から冬へ替わる時期でした
(多分10月から11月にかけてかもしれない)。

私の母校の近くに倉庫がありまして、
その頃は学校の怪談やオカルトチックな話が好きな友人と一緒に

「期末テストが終わったら、あの倉庫に行かへん?」

と、ちょっとした探険隊ごっこを計画していました。

そして期末テストが終わり、
例の倉庫を探索する日になりました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺は昔、
某有名な古本屋でバイトしていました。

お客の家に行って
古本を買い取る買取担当が主な仕事です。

で、ある日一軒の買取の電話が店に入りました。

そこは店から
だいたい車で20分ほど南に行ったある一軒家で、
俺は日にちを決めてそこへうかがう事になりました。

で、当日になって
俺はもう一人の買取担当のF君と
ワゴンでその家に向かいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



うちはアパートの一階で
玄関を出てすぐ目の前が自分ちの駐車場になっている。

ある日、車に乗り込もうとしたら
車のボンネットのあたりから
年配らしきしわがれた女性の声で

「さとうさん・・」

と呼ぶ声がした。
(ちなみにわたしの名前はサトウではない)

まわりには誰もいないのに。

はっきり聞こえたのにおかしいなと思ったけど、
すぐに忘れてしまった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ