【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



今の主人と同棲中の頃の話しです。

数日体調が悪く、
風邪でもひいたかなと休んでおりました。

ある日、眠っていたら金縛りにあい

「大丈夫疲れているだけ」

と自分に言い聞かせ、
金縛りが解けるのを待ちました。

まぶたは閉じているはずなのに、
何故かうっすらと周りの環境が見える。

「え?どうして?」

と思っていたら
私の頭の上から
黒い影が上へ上へとあがってきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私はある晩仕事から帰ってきて
疲れていたのでそのままソファの上で眠ってしまいました

ソファの上に仰向けになり
手をバンザイの形のように空中に投げ出して…

すると突然
投げ出している手をコチョコチョとくすぐられたので
主人が仕事から帰って来て悪戯をしているのだろうと
その悪戯をしている手をガッと掴み
そのままソファの上をゴロンと半回転し
うつ伏せの状態に体勢を整えてふと顔を上げると
そこには誰もおらず
手には握っていた感触が生々しく残っているだけでした

確かに手を握ったまま回転した筈なのに…

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



娘が3歳位の時、
中古で大き目の車を買いました。

私も娘も大喜びで大きな車を楽しんでいました。

しかし数週間した頃、
娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。

「どうしたの?」と聞くと、
『お兄ちゃんが怒ってる』と言う。

「どこにもお兄ちゃんなんていないよ?」

『そこに座ってるお兄ちゃんが睨んでる』

と、誰も乗っていない最後部座席を指差しました。

ぞっとする私でしたが、
2列目に娘をだっこして乗り込み

「大丈夫だからね」と言うと
『うん、もう怒ってないみたい』と。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ