【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



一度よくわからん経験をした。

去年の春、
仕事の関係で引っ越しをした。

去年の9月末頃に、
生活にも慣れたしこの辺がどんなんなってるか知りたくなって、
暗くなる前には家に帰ろうって決めて、
昼過ぎから夕方にかけてクロスバイクで好き勝手探索してたんだ。

結構路地が入り組んでて、住宅街にも

「普段生活してて、そういやこっち行ったことなかったな」

みたいな道が結構あってさ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



学生のとき、
祖父が変なお守りを買ってきた。

色も変だし形も変で、
書いてある字も読めない。

中身は見てないけど、
普通のお守りみたいに固いものが入ってた。

祖父は身代わり守りだから、
ランドセルに付けておけと言った。

可愛くないから嫌だったけど、
祖父が怖いから仕方なく付けてた。

で、それからしばらくして、
下校中にバックしてきた軽トラにひかれそうになった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



四年前の話。

昼休みに大通り公園でのんびり弁当を食べていたら、
知らない70代位の老夫婦が近づいてきた。

「○○○○さんですよね?」

と俺のフルネームを言ってきたから

「はい、そうですが」

と答えたら、

「オオ!」

と二人とも感動しはじめて、

「いつも応援しています、ファンです」

とか

「サイン下さい」

と言われた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ