【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



大学の免許の関係で、
養護学校に体験に行ってきた。

常にどこからか奇声が聞こえてくるわ、
俺より背が高いような生徒がイキナリ腕つかんでくるわで、
なかなかすごいところだと思った。

二日間、体験をしたんだが、
二日目に不思議なことがあった。

俺が担当させられたのは、
小学部っていうところで、
小学生の年代の障害児がいるところだった。

そこで、たぶん一番大人しい子だと思うんだが、
Aくんっていう男の子と一緒に遊ぶことになった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺の職場には仲の良い先輩がいた。

二人で飯を食いに行ったり
飲みに行ったりするような仲だ。

ある時、俺は先輩と連絡先を交換する。

仕事帰りにではなく、
たまには休日に飲もうという話になったからだ。

先輩が携帯の番号を聞いてくるので、
俺がそれを教えると、
先輩は俺に電話をかけて直ぐに切る。

赤外線で送ればいいのにと俺が言うと、
先輩は機械音痴であることを話して笑っていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今年の夏、海に行った時の話。

夜の砂浜で、
俺と友人A、Bの三人で花火をしてたんだ。

最初は俺達しかいなかったんだけど、
少し離れた所に、ぞろぞろと人影が現れた。

俺達みたいに花火をやりに来たのかなーって思ったんだけど、
時計を見たら午前二時。

これから花火をやろうっていう時間じゃない。

しかも、明りすら持ってないし。

よく見たら、
少しずつこっちに向かってきてるみたいだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ