【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



もう今から10年位前のこと。

19歳の時に車の免許を取って、
はじめて手に入れたのが、
父親の知り合い方から譲って貰った
古いマークⅡ(GX71という型)だった。

元々はその知り合いの方の旦那さんが出た当初に購入したもので、
息子さんがバンパーをぶつけてしまった以外には
新車となんら変わらないコンディション。

走行距離も20年以上前の車とは思えない16000キロ。

馬力も十分にあり、
初心者には少し大きく重い車でしたが
気に入って乗っていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



午後10時前だったから、
深夜と言うにはちょっと早い時間帯。

そこそこ交通量の多い道を運転してたら、
前を走る車の下から何かが垂れてた。

最初は何かの部品が外れて居るのかぐらいに思って、
気にも止めてなかったんだけど、
交差点で追い付いた時よくよく見たらそれ、手だったんだ。

驚いて何度もまじまじと見ても、
やっぱりちゃんと五本指があって手のひらがこっち向いてて。
あ、手は親指が左側だったから右手だと思う。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



急に友人が俺の部屋に駆け込んできたんだけど、
そいついつもは遊びに来る数日前にメールよこして
予定が空いてるか聞くような奴なんだ。

それがアポ無しで急に来るなんて珍しいなと思ったら、
開口一番に

「おい!タムラマリ(?)を覚えてるよな!?」

って叫んだ。

俺はそんな名前の人物には心当たりがなかったので、
知らないと首を横に振ると、胸ぐらを捕まれた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ