【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



JKの時
友達に聞いた話。

友達はバスケ部のマネージャー(以降H)をしていて、
大会で府内の体育館に来ていた。

マネージャーと言ってもチームの順番まで時間もあるし、
建物をもう一人のマネージャー(以降A)と散策することにした。

少ししてからAがトイレに行きたいとのことで
トイレを探すことにした。

探していると球技場横にトイレを見つけ、
Aが出てくるのを待っていた。

トイレは薄暗くバリアフリー等なく、
古いタイプのものだった。

Aがでてくると、
化粧直しをしだしたのでさらに待つことに。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今も昔も、私に霊感はない。

子供の頃住んでいたアパートは「出る」と有名だったらしく、
クラスメイトのアホ男子に

「お前あのユーレイマンションに住んでんだろ?こえー」

と度々からかわれていた。

実際アパートの住民にも「見た」と言う人は多く、
上の階に住んでいた母の友人はまさに見える人。

母と話している最中に突然

「女がこっち見てる」

などと言いながら
ガタガタ震えだしたりしていたらしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



中2の頃、僕と友人Cの話

金曜深夜1時頃、
僕は友人Cと遊ぶ為に自宅(神奈川県横浜市)から
友人C宅(僕の家から自転車で15分程)に向かっていた。

しかし夜道が暗い為?に
道に迷ってしまった。

その迷った道の風景は周りが畑だらけだけど
電柱が立っていて結構明るかった。

戻っても知らぬ道、
進んでも知らぬ道。

家は沢山あるが
深夜の為「泊めて下さい」なんて迷惑。

たまに人とすれ違ったが
深夜に「ここどこですか?」なんて聞くのは恥ずかしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ