【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



以前、某コンサートホールでバイトをしていました。

そのときの経験を話そうと思います。

はじめに気がついたのは
来客総数を試算する、チケット・チェックの場所でした。

わたしたちはもぎったチケットを事務室にあつめ、
総数を出して公演の主催者に報告するんです。

楽しい時間でした。

ほとんど女の子ばかり、
おしゃべりしながらチケットを数えるのは
飽きることのない作業です。

わたしの場合、
事務机にもりあがったチケットの山を両手でくずしながら
束をつくってゆくのですが、
あるとき、当日発売なのにぼろぼろの、
水分をふくんで膨れあがったチケットを見つけたのです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



厨房の時の事

ごくありふれた公団住宅に住んでいたんだ。

父、母、妹の四人暮らし。

両親とも夜仕事で出ている事が多く、
歳の離れた妹とよく留守電していた。

居間で妹はテレビをみていて、
俺は隣の自分の部屋で早めにベッドに入ってたんだ。

その頃頻繁に金縛りにあってて、
無理矢理うめいて母ちゃんによく起こしてもらってたんだ。

そんでその日も例によって、
耳がキーンとしだして金縛りになったんだけど、
なんだかいつもと違ったんだよ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺が体験した一番洒落にならん話を。

子供の頃の話だ。

まあ俺の実家はそういう感じのど田舎なわけだ。

夏休みともなると、
子供が遊ぶ場所なんて限られてくる。

昆虫採集、友達んちで漫画読む、
山や川に遊びに行く……まあそんくらいしかない。

で、俺らがよく泳ぎに行ってた川があった。

流れは遅かったけど
やっぱり危ないってことで一応泳ぐのは禁止されてたんだけど、
皆気にせず泳いでた。

ある日のこと。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ