【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



知り合いには
イイハナシダナー
って言われるけど
俺は怖かったので

毎日お昼にサラダバーと
ドリンクバーを頼むお婆ちゃんがいたんだけど、
結構なお洒落さんだったのに
ある日を境に服装が毎日同じになって、
服装同じになってから1週間後位におっさんが来て

「母が来ていると噂になってまして…」

と話し始めたんで
あー徘徊系ボケだったのかーとか思ってたら
服装同じになった日辺りに自宅で大往生したそうな

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



僕はその日、
職場で仲の良かった元同僚の片岡に呼び出されて
飯を食いながら話をしていた。

久し振りに会った片岡は
見るからに窶れていた。

片岡は窶れた原因について
僕に語り始めた。

片岡は朝の通勤ラッシュの中で
電車を待っていた。

そこは快速の通過駅で、
ホームでは各停を待つ人間が整列していた。

片岡は先頭の列だった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



学校の寮に入寮して
約2~3ヶ月ほど経った連休のこと。

俺は303A号室なんですが、
その連休中、
周りの人がほとんど帰省しており、
向かい、両隣、斜め向かいの部屋の住人がいない状況でした。

まあ気にせず勉強やったり
ネットやったりしてたんですが、
急に部屋の電気がふっと消えました。

「あれ?」

と思い廊下側にある電気のスイッチを押し、
再び電気をつけました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ