【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



いつもの様に車で会社に向かう途中
大きな交差点の信号に捕まったんだ。

信号待ちで暇を持て余してると
同じく信号待ちをしているハイエースに目が止まった…

丁度フロントガラスが見える辺り
斜め後ろに止まっていたそのハイエースには
運転席、助手席、そしてその間にもう一人座ってる人が居た

見るからに土方の人達が乗り合わせてる車なのに
その運転席と助手席の間に座ってる人は女の人だった

不思議に思いながら良く見ると、
その女の人の目は黒目しかなく
体をユサユサと揺らし口元は何事かを呟いてた

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



子供は二人共都内で産んだ。

一人目は大学病院で、
とても華奢な女医さん。

「帝王切開するなら退院する!」

と我侭を言い、
一晩中世話になって出産は朝10時。

徹夜明けの疲れた細い肩が忘れられない。

無事出産したが
ちょっと小さめなのでICUに。

ICUから帰ってきて、
私のベッドの左横のベビーベッドに赤ちゃんは寝ていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



中学生の時の話

その頃は家族5人で、
もの凄く狭い社宅に住んでいた。

裏手に病院の廃墟があった。

いつも気になっていたので、
ある日妹と二人で親に内緒で侵入してみる事にした。

塀を乗り越え、病院の中に。

総合病院だったが、
田舎なので平屋の小さい病院だ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ