【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



友達が埼玉に住んでいるんですが
ちょっと前に変な相談をされました。

近所に美容室があり
そこのスタッフの一人に黒い煙がついている。

最初見た時は
タバコの煙だと思って
あまり気づかなかった。

店の前を毎日通るので
店内で働いている時にそのスタッフを見たら
仕事中なのに黒い煙がついていて変だと思った。

お客さんの送り迎えの時も
黒い煙がまとわりついていたらしい。

もともと友人はそんなに見える人ではなく
やばそうな場所に行くと吐き気、頭痛、
見えても一瞬モヤモヤが見える程度らしいので
普通にずっと見えているのでなんだろうという相談でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺のうちは昔、
超貧乏で欲しいものなんか何一つ買ってもらえなかった。

着てる服は近所の子供のお下がりだったし、
おやつは氷砂糖だけだった。

そんな俺でも義務教育だけは
ちゃんと受けさせてもらっていた。

ただし、勉強道具はすべてお下がりだった。

生まれてからずっと
お下がりばかりだったから、
別になにも不満はなかったんだけど、
ひとつだけ嫌なことがあった。

それはお下がりでもらった学習机だった。

その学習机はお下がりなのに
まだ新品の光沢を保っていて、
ひきだしをあけると
木材のかぐわしい香りが楽しめた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



大学の友人A、B子、C子と突如肝試しに行く事になった。

場所は大学から車で一時間の俺の家の隣町

ネットで書いてあった廃病院らしい。

隣町の地理はよく知っているが、
その廃病院とやらは俺は知らなかっので、
俺は好奇心で快諾した。

大学からついでに車で帰れるのも魅力だった。

談笑しながら目的地につく。

そこは意外にも見知った道のちょっと奥だった。

細い道を少し進んでいくと、
暗闇の中に突然、
4階建の大きな廃墟が出現した。

20年間も近くに住んでいて、
こんな大きな知らない廃墟があったとは正直驚いた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ