【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



15,6歳の頃(10年以上前)、
持病の悪化が原因で入院した病院での出来事です。

その病院は市内から少し離れた山の中腹にあるのですが、
かなり昔から経営していたらしく、
ところどころ木造部分が残ったレトロな建物でした。

個人経営だったのか規模は小さく、
診療科が5つくらい、
病棟のベッド数も全部で30くらいしかなかった気がします。

ただ僕の抱えていた病気に関しては名医がおられたそうで、
僕も別の大病院から紹介されてそこに至りました。

ある日の深夜、僕はふと目が覚めました。

時刻は3時頃だった気がします。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



離婚した父方の家系が
皆霊感の強い血筋なのですが
幼い頃、父が毎朝
キョンシーの御札みたいなのをちぎって呑んでいるので、
なんで?と尋ねると

「お坊さんに言われてやってるんだよ。
昔、殺されちゃいそうになって」

と言ってて超絶ガクブルしたっけ。。

それはさておきなのですが、
妹がその血を受け継いで下手な霊感
(祓ったりできずただ怖がるだけ)があるようです。
※自分は皆無

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



どうやら自分はやたら耳が良いらしい。

コウモリの鳴声なんかフツーに聞こえてたんだけど、
そんな耳、なくしちゃった話。

仕事帰り、
深夜の峠をレンタカーで走っていた

除雪はされているが根雪で辺り一面真っ白。

天気は荒れ模様で、断続的に降っている雪が、
時折すごい勢いで吹き付けてくることもあった

対向車もほとんどなく、
そのときは前にも後にも車は見えなかった

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ