【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



ある一人の男が
遠くから私に何かを伝える夢をみました。

一週間ぐらい、
同じ内容で夢の中の私は何か得体の知れない恐怖感で、
男に近づくことができず、
結局何を言っているのか聞くことが出来ませんでした。

友人が死んだ日も同じ夢を見ました。

夢の男は友人でした。

目が覚めたとき、
こういうことは実際にあるんだぁと思いました。

翌日、同じ夢を見ました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



高校時代の頃の話です。

バスケ部だった私は、
次の日がインターハイ予選ということもあり、
緊張からか全然寝付けませんでした。

早く寝ないと!と思えば思うほど、
眠れずに時間だけが過ぎて行きました。

…3時頃、全然眠れず、
というか眠くもなく、
とにかく頭の中は明日の試合のことと、
早く寝なければの二つだけでした。

軽く汗を流して強引に寝ようと思い、
赤いTシャツに着替え、
外を走ることにしました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



この話は、あくまでも噂の話です。

ある中学校に通っている男の子がいました。

その中学校へ行く途中には、
古いトンネルがありました。

その子はいつも違う道を通るのですが、
その日は学校に遅刻してしまうからと言って自転車で、
家から学校までの近道となるその道を通る事にしました。

そしてトンネルの近くまできました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ