中学生のとき修学旅行で京都に行ったんだけど、
班行動の最中にいきなり他人に取り囲まれたことがある。

どこかの寺の境内だった。

次のバスとか確認してたら、
10人以上の観光客が俺たちを包囲して、
こっちを凝視しながらみんなで

「あらあらあら」

って言ってた。

子供も老人も外人もいたし、
買い物中のはすの班員の姿もあった。

そいつらが無表情でだらしなく口を開けて

「あらあら」

言ってた。

その集団の中の誰かが

「おとなーめの時間だ」

と言ったら、
全員我に返ったように散っていった。

班員は「あらあら」言ってたことを覚えていないらしくて、

「普通に土産物屋から出て(俺たちと)合流した」

と言っていた。

でも、俺も他の班員も、
そいつが「あらあら」に混じってたことを確かに覚えてる。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事