数年前
自転車に乗りながら見たのうごめくもの話。

当時勤めていた会社は
夏季がめちゃくちゃ忙しくて
その年の夏休みは10月までずれ込んだ。

ロード乗りが趣味の俺にとっては
ちょうど自転車のりにうってつけの季節に
まとまった休みが取れてうれしかったのだが。

その遅い夏休みを利用して、
東北のほうを数泊かけて
愛車(RNC7)で巡ることにした。

最低限の荷物をメッセンジャーバックに詰め込み、
気の向くままに道中の美味いもん(ジャンボタニシの串焼きが美味かった)
を食いながらプラプラと楽しんでいた。

まあ、途中で電車で輪行したり、
途中に取った宿に自転車預けて普通に観光したりと、
あんまり気合が入ったツーリングというわけでもなかったのだが。

行程も半ばを過ぎ、
そろそろ来た道を引き返そうかと言う時のこと。

この風景も見飽きてきたなと、思いながら
長い田園沿いの道をずっと走っていると
視界の端に何か動くものが有るのに気づいた。

反射的に一瞬視線をそれに向けると
そこにはどこまでも続く田んぼしかない。

俺は殆ど何も気にせず
そのまま自転車をこぎ続けた。

しかし、またしばらくすると
視界の端に何かうごめくものが見えた、

そしてまたそれが何か確認しようとすると
そこに有るのは風景だけ。

俺は眼球に何か細かい傷でもついたのかなー、やばいなー
とか思いながらも特に気にせず自転車をこぎ続けた。

その後も視界の端にうごめくものが見え
それを確認しようとすると
もないということが数分おきに
何度同じように続いた。

そして、何度目かは分からないが
またあのうごめくものが視界の端に現れた。

ここで俺はそのうごめくものが
最初よりも視界の中央に
少しだけよっていることに気づいた。

どうやらそのうごめくものは
徐々に視界の端から中央によっているらしかった。

最初は殆ど気にも止めなかったのだが、
少しづつその姿が明瞭になっていく
そのうごめくものが気になり始めてきた。

さらに数十分後には
そのうごめくものの細部が
有る程度分かるようにまでなっていた。

なんと言うかぼうふら見たいな動きをする虫が密集して
かろうじて人型の形をしているような感じだった。

もうこの頃には半ばパニック状態で、
もうその正体を確認しようと
視線を向けることもしなくなっていた。

というよりも
なぜか視線を向けることも
逆にそらすことも出来なくなっていた。

そのうごめくものは、
どんどん視界の中央に近づいて来ていて、
さらに確実に距離も縮めているように感じられた。

俺は恐怖のあまり
殆ど全速力に近い速度でペダルを廻し、
そのうごめくものから逃げようと必死だった。

しかし、
突然ものすごい衝撃を感じて
俺は意識を失った。

後で聞いた話によると
俺は全速力で走りながら対向車線にはみ出して
向こうから走ってくる車にぶつかったらしい。

目を覚ましたのは病院のベッドの上だった。

しかしそのベッドの周りを
あのうごめくものが何体か取り囲んでいた。

俺は恐怖のあまり発狂するかと思った。

声の限りの絶叫をあげていた。

すると、
そのうごめくもの達は
俺に何かを話しかけながら体を押さえつけてきた。

おれはまたそのまま気を失った。

結論から言うと、
俺はあの事故の後遺症として
人間の姿かたちを
あのうごめくものとして認識してしまうようになってしまった。

事故から目を覚ましてからしばらくの間は
詳しくは話したくも無いが、
恐怖と嫌悪感から常に混乱状態だった。

時間がたつにつれて、
うごめくぼうふらの様なものの密集具合が薄れてきて
人の顔も薄っすら透けて見えるようになってきた。

それにつれて有る程度慣れてきたが
今では仕事も辞めて
障碍者手当てを貰って引きこもって暮らしている。

しかし、あそこで事故にあわずに
あのうごめくものを完全に視界に入れてしまっていたら、
完全にあれの明瞭な姿を見ていたら
俺はどうなっていたのだろうか。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事