俺が小さい頃の話。

母が言うには、
俺が三才の時の出来事だそうだ。

少しずつ話せるようになって、
まだ嘘もつけないような赤ん坊な俺は、
夜中に泣き叫んで、
母を起こす事が何回かあったそうだ。

泣き叫ぶ内容はこれ↓

「あー!おっきいよー!怖いよー!」

次第に泣き止んできて…

「ぅん…!」

↑こんな寝言を言うもんだから、
母が心配になって俺を起こしたそうだ。

そしたら…

「おっきいヘビがいてね、
怖いって言ったら『怖くないよ』って言ってた
と俺が言っていたらしい。

それが何回か続いて、
ある日の盆に、
墓参りするため家族で寺に行ったとき、
寺の和尚と父が仲がいいので、
ついでに寺院の中に入って茶をごちそうになることになった。

その時、
3歳の俺がまた叫んだ。

「ヘビさんだー!」

と上を指さす。

見るとそこには、
木彫りの龍があった。

大きさは150センチぐらい。

いつも俺が見てるヘビなのか、
と母が俺に尋ねたら、

「うん!でももっとおっきいんだよ!」

だって。

父が寺の和尚(友人)に、
俺に何か憑いてないかと聞いた。

そして返ってきた和尚の返答は、
驚くような内容だった。

「わかんね、俺霊感ないし」

いまだにあの時の真相は掴めていない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事