大学生の頃、
母が入院していた時の話。

夢を見ていました。

俺は子供でした。

気付いたら家にひとりぼっち。

淋しくて家中さがしましたが
だれもいません。

泣きながら外をさがそうと玄関にいくと張り紙が。

「ちょっと出かけてきます」

置いてかれた!どうして!

と、もう、泣きじゃくりながら外へ出ると
母の姿は見えませんが
車庫から車がでるところです。
(でも泣きじゃくってるのに
心はなぜかやさしいきもちでいっぱいです。)

お母さん!お母さん!
と、一生懸命走りますが
追いつけません。

そのうちどこからか電話のベルの音が聞こえてきます。

あ、そうか、これは夢だ、
と気付きました。

でもこの電話には出たくないと思いましたが
仕方なく目をさまし電話に出ました。

「…お母さんが死んだ」

という病院にいた父からの電話でした。

俺は霊の存在を信じないのですが
あの夢は母がお別れに来てくれたのと思いたい。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事