保育所に通ってた頃の話。

人口700人程度の山奥の村に住んでいた私は、
蟻地獄やオタマジャクシを観察したり、
石で地面にお絵かきをしていたことを覚えています。

記憶の中で、
近所のお姉さん(中学生か高校生くらい)と遊んでいました。

いつも夕方まで遊び、
6時の音楽が村のスピーカーから流れるころに
家に帰るの繰り返しでした。

ある日、
下の主要道路から家の横の道場(集会所)へ続く80mほどの坂道に
黒い服を着た大人達がたくさん立っていました。

「これなぁに?」

と尋ねると、

「Mちゃん(お姉さん)のお葬式だよ」

と大人の人は言いました。

私は

「お姉ちゃん、死んじゃったんだ。
もう遊べないんだ」

と悲しくなったのを覚えています。

そして、
道場から男の大人5人ほどで運び出される棺桶を
坂道の下まで目で追いました。

そこで記憶は途切れています。

田舎から大阪に出てきて、
昔話を友達にする際、
ふと最近その事を思い出したのですが、
お姉ちゃんの名前が思い出せないのです。

黒髪の前下がりのボブ、
薄い水色のワンピースを着てるお姉ちゃん。

姿は思い出せるのに、
顔がボヤけている。

どうしても気になった私は、
帰省した時に母に尋ねました。

私「私が保育所らへんのときに遊んでた、
隣の家のお姉ちゃん名前覚えてる?
当時は中学生くらいの…」

母「誰の事?隣の家??」

私「そうそう、
途中で亡くなっちゃった人」

母「…亡くなった子?
あんたが小さい時に、
そんな若い女の子は亡くなってないよ?」

私「嘘だー、私、お葬式見たもん!
道場から道路までの道、
喪服の人で両側を花道みたいにして、
棺桶担いで運んでたもん。
そこにいた人に、
お姉ちゃんの葬式って聞いたし」

母「…は?え?………棺桶?運び出す?」

私「うん、お姉ちゃんの名前なんだっけ?」

母「…………棺桶か…」

そう何か腑に落ちない顔の母は言いました。

母「あんたの小さい時に、
棺桶を運び出すような葬式はしていないよ。
川沿いにコンクリートで台になってるとこあるの分かる?」

私「うん、昔の火葬場でしょ?」

母「そう。
焼かれた人は中々燃え尽きないし、
匂いが…そんなことはよくて、
そこへなら棺桶は運んでた。
お母さんが小さいときに」

私「でも、私みたよ!!お葬式!」

母「……あんた、何を見たの?」

よくよく考えれば、
お姉ちゃんは何も喋りません出した。

いつの間にか居て、
私が帰る時は見えなくなるまで笑顔で手を振る。

顔は思い出せないけど、
柔らかい雰囲気の思い出です。

そのことを聞かされてから、
実家に住んでいた頃、
度々見かけるワンピースの裾や気配の正体が
彼女なんじゃないかと思っています。

いくつかある実体験の一つです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事