お寺に泊まった時の出来事

ある大きなお寺から、
法要と片付けの仕事の依頼を受けた。

法要も無事に終わり、
夕方頃には片付けも終わってそろそろ帰ろうかと思った時に、
このお寺の副住職から

「少し話をしないか」

と言う事で寺に残る事になった。

本来ならここで怪奇現象についての相談かと思うけれども、
実際は自分達の教義について意見を聞きたいという事だった。

実はこのお寺は俺と同じ宗派だけれども
少し教義が違う。

元々別宗派だったけれども一緒になったという事もあり、
外から見れば教えの内容はほとんど変わらないけれども、
厳密に言えば違う所も多かった。

こういう話になるとお互い譲らないので(この辺は色々な事情がある)、
時間がたつのも忘れて言い合っている間に深夜なった。

帰りの電車は当然ないし、
日帰りの予定だったのでホテルも予約していない。

向こうも

「こんな時間になったのは自分のせいだから」

と言って寺に泊めてもらえる事になった。

問題はこの夜の事。

寺だから空いている部屋はいっぱいある。

その中で八畳ほどの部屋を用意してくれた。

といっても布団と隅にテレビがある位で、
ほとんど何もなかった。

元々外部の人が寺に泊まるための部屋との事。

現在は誰も使わないらしい。

風呂に入って部屋に戻り、
電気を消して寝たのだが何故か急に眼が覚めた。

目が覚めると自分がうつぶせに寝ていて、
しかも部屋の電気がついていた。

「あれ、電気は消したはずなのに…」

と思ってうつ伏せから起き上がろうとした瞬間、
体が動かなくなった。

最初は

「金縛りか?」

と思ったけれど、
手は動かす事が出来たので金縛りではない事はすぐ分かった。

それに金縛りが来る時は感覚的にわかるので
直ぐ外す事もできる。

「あっ、これ違う」

と思った時、
耳元でものすごい風の音がした。

それは風と言うよりも暴風といった「ゴー」という音で、
金縛りにあったというよりも、
暴風に体を抑えられて身動きが取れない状態に近かった。

手で踏ん張って上体を起こそうとしても
全く体が上がらない。

耳元で暴風の音がして、
体にもかなり強い風を受けているという感覚があった。

結局は

「これは無理だ」

とあきらめてそのまま寝た。

というかいつの間にか寝ていた。

朝、副住職が

「もうすぐ朝のお勤めがあるから」

と起こしに来た。

起こされた俺は部屋を見回すと、
電気は消えていて、
部屋の隅にテレビがあるという寝る前の光景そのまま。

昨日の事を思い出し、
副住職に話をすると、

「俺も前にこの部屋に泊まった事があるけど、
そんなことなかったぞ」

と普通に返された。

「あれ、ひょっとして昨日のは夢?
でも体に昨日の感覚が残っているし…」

と思っていると、
僧侶が

「そういえば、
昨日の真夜中何を急いでいたの?」

と聞いてきた。

俺は何のことかわからず、

「昨日は夜中は部屋にいた」

と答えると、

「夜中三時ごろだと思うんだけど…
廊下を走るものすごい足音が聞こえたから、
何の音か部屋から出たら、
ちょうどお前の部屋に入る姿を見たんだよ」

と言われ、

俺「何言ってんだよ?
そんな夜中に足音立てて走るわけないだろ。
寝ている住職が起きたらどうするんだよ」

副住職「でも、確かに見たんだよ。
お前の寝ている部屋に入口を開けて入る、
白い衣(法要で使う衣)に袈裟をつけた着た若い人を…」

俺「お前なぁ…
どの世界に白い衣に袈裟つけて布団で寝る奴がいるんだよ」

副住職「しかし、若い人って
今ここにいる二人以外にはいないはずだぞ」

俺はこの部屋が使われない理由がわかった気がした。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事