関東在住で、
親の実家が東北の山の中。

お盆には両親と俺と妹で帰省していた。

で、妹は小さい頃は霊媒体質だった。

関東では特に問題は無かったが、
田舎に行くと酷い。

気を抜くと、
どんどん山の方へ行こうとする。

好奇心とかでは無くて、
明らかに様子がおかしかった。

一番に怖かったのは川での出来事。

父と叔父と俺と妹が、
家の近くの川で水着で遊んでいた。

魚を捕ったり水を掛け合ったり
少し深い場所で泳いだり。

ふと気付くと、
妹が深い場所へ足を進めていた。

叔父が気づいて妹の傍へ行ってくれたから、
溺れたりはしなかった。

妹は胸くらいの水深の場所で止まって、
じっと山を見ていた。

叔父が話しかけても、
あまり反応しない。

俺は俺で妹を見ながら、

『ああ、妹がお山に連れてかれる』

って思っていた。

何故か妹がオカしくなると俺もオカしくなって、
上記の考えが浮かぶ。

俺の傍には父がいたらしいが、
俺もあまり反応しなかったらしい。

で、俺は妹がお山に連れてかれるって分かってるんだけど、
それを誰かに言えない。

別に身体が動かなくなったり声が出せなくなる訳ではないが、
何故か妹を連れ戻そうとか誰かに言おうという気になれない。

心配した叔父が妹を抱きあげて川から出ると、
妹が火のいたように泣きだした。

それで俺も大丈夫だと安堵して、
普通に動けるようになった。

何が怖かったって言われたら終わりだけど、
その場の空気とかも明らかに違ったし、
俺は本当に怖くて未だに思いだすと鳥肌が立つ。

で、そのお山なんだけど、
俺は悪いものでな無いっていう確信を持っていた。

どうしてか分からないが、
凄く神聖で人間が関わっては駄目なものって感じた。

これも当時は何故か誰かに伝えようっていう気にはなれずにいた。

ちなみに、
妹が田舎でオカしくなるのはデフォだったから、
必ず大人が近くにいた。

そのお陰で大事に至ったことは無いけど、
楽観する家系で、
七歳の七五三をやったら治るんじゃね?ってことで様子をみることに。

それでも駄目だったら
お祓いか病院って話だった。

まあ、それが的中して、
年を重ねるごとに様子がオカしくなることも減って、
小学校低学年を抜けた辺りから、完全にそれが無くなった。

俺もその頃から、
お山が妹をって思うことも無くなったし、
それを普通に話せるようになったから書き込みしてる。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事