ある日、
わたしは母の部屋で会話をしていると、
門の開く音がしました。

「誰か来たね」

と母。

私は条件反射的に玄関へ向かいましたが、
ドアはノックされません。

外をうかがおうとドアをあけました。

その時、グッと別の力が加わり、
何者かが私の横をサーッと通りすぎた気がしました。

しかし、勿論、
誰の姿もなかったのです。

わたしは腑に落ちないまま、
母のいる部屋に戻り、

「誰もいなかったよ」

と言うと、

母は

「お盆だから、
ご先祖様がお戻りあそばれたのかしら」

と、こともなげに言いました。

その日の夜、
母は仕事に出かけていました。

家には私一人でした。

なんだか眠れず、
私は深夜テレビをボーッと見ていました。

午前1時は越えていたでしょう。

人間の視界というものは案外広いものです。

私はまっすぐテレビを見ていたのですが、
他のものも見てしまったのです。

廊下を髪の長い白装束の人が
すーっと歩いていたのです。

その人は廊下を音も無く移動し、
母の部屋の方へ入っていくのでした。

私はただただ、
動く事ができません。

「お盆だからかな。
あれはきっとご先祖様なのだろう」

と私は心の中でつぶやきました。

その後、トイレに行く時ですら
廊下で鉢合わせしそうで恐ろしかったのですが、
ご先祖様なら母の部屋の仏壇の中に入ったのだろうと
都合よく思いこむ事にしました。

気を取り直し、
いい加減に寝ようと思い
TVのスイッチを消しました。

その時、何かの気配を背後に感じたのです。

私は振り返る事ができません。

そこには、暗くなったTVの画面に
私が反射して映っています。

その私の肩越しに白装束の人が、
逆さまに天井からぶらさがっているのが見えたのです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事