新築のマンションに引っ越しました。

1階の角部屋。

立地条件もよく、日当たりも良好。

文句なしです。

引っ越した初日は、
手伝ってくれた友人たちと飲み明かしました。

翌日の昼過ぎ。

友人たちが帰った後シャワーを浴びました。

友人たちの中にたばこを吸う人がいたので、
髪についた臭いが気になっていたんです。

髪は私の自慢でした。

パーマもカラーリングもしたことのない、
まっすぐな黒髪。

手入れも欠かしません。

その日もシャンプー、トリートメント、リンスを済ませて、
さっぱりした気持ちで浴室を出ました。

さて、昨夜の後かたづけです。

ちらかったスナック菓子の袋や空き瓶を片付けて、
掃除機をかけていると、
おかしなことに気が付きました。

長い髪の毛がやたらと落ちているのです。

ちょうど私と同じぐらいの長さでしたが、
髪質が違う。

友人たちの中に髪の長い女性はいなかったし、
引っ越したばかりの部屋に…?

少し不思議に思いましたが、
自分の髪だろうという結論に落ち着きました。

今日は、昨日の引っ越しの手伝いに来れなかった友人が訪ねて来ます。

友人から最寄り駅に着いたという電話を受けて、
私は駅に向かいました。

その友人は霊感が強いことで有名だったのですが、
髪の毛のことは特に気にしていなかったので、
とりとめもない話をしながらマンションへ帰りました。

…?

部屋の床に再び長い髪の毛が落ちていたのです。

ま、さっき取り忘れたのでしょう。

さっさとゴミ箱に捨てました。

友人は県外から訪ねて来たので、
当然泊まるつもりです。

「シャワー借りるねー」

勝手知ったる他人の家、
友人は早速浴室へ。

シャワーの音が聞こえます。

と、いきなり蛇口を閉める音が聞こえたかと思うと、
友人が慌てて浴室から出てきました。

「お、お風呂場に…」

友人は真っ青です。

とりあえず落ち着かせてから話を聞きました。

「お風呂場に髪の長い女がいたの!」

ここは新築のマンションです。

幽霊なんているはずがありません。

しかし説明しても、
友人は帰ると言って聞き入れませんでした。

とはいえ、
なにしろ遠くからきたので、
この時間では帰れません。

「とにかく私はこの部屋にはいられない。
私は近くのファミレスで夜明かしするから、
あんたも何かあったらすぐ電話するのよ」

そう言って友人は出ていってしまいました。

一人残された私。

昼間の髪の毛のこともあってさすがに心細い。

大丈夫。ここは新築よ。

友人に言った言葉を自分に言い聞かせ、
私はシャワーを浴びることにしました。

『霊感が強い』なんていうのも考え物ね。

人の引っ越しを台無しにして。

心の中で友人に悪態をつきながらシャンプーをしていると…
頭に違和感があります。

頭皮を傷つけないように爪を立てずに、
指の腹でマッサージをするように…
いつも通りのやり方です。

でも、おかしい。

…?

私はシャンプーの手を止めました。

…!

私は頭に置いていた両手を、
おそるおそる目の前に持ってきました。

…!

爪を立てずに、
指の腹でマッサージをするように…

もう一つの手が私の髪を洗っています。

「誰!?」

振り向くと、
顔の焼けただれた女性(でしょうか?)が
私の頭の上に片手をのせたまま…

「…きれいな…か…み…ね…」

確かに女性の声でした。

シャワーの音で気が付きました。

私はシャンプーの泡を流さないまま気絶していたので、
髪の毛がごわごわです。

そんなことを気にしている場合ではありませんでした。

さっと泡を洗い流し、
着の身着のままマンションを飛び出しました。

電話ボックスから友人のケータイに電話し、
ファミレスで合流。

「やっぱり。
明日、不動産屋に聞いてみましょう。
付いていってあげるから」

翌日、不動産屋に聞いた話はこんな感じでした。

マンションが建つ前、
そこには1件の家と花屋さんがあったそうです。

花屋の娘さんは、
長い髪が自慢の美人でした。

ところが、
その家で火事が起こってしまったのです。

お風呂場のガス釜が爆発したのです。

居合わせた娘さんは顔を大やけどし、
自慢の髪もほとんどが焼けこげてしまいました。

娘さんは恋人にもふられ、
ひきこもりがちに。

一掴みだけ残った髪の毛を
それはそれは大事にしていたそうです。

シャンプー、トリートメント、リンスを1日に何度も繰り返し、
鏡の前で髪をとかしながら、

「…私の髪、きれい?」
「…私の髪、きれい?」

何度も母親に尋ねていました。

ところがそのわずかな髪も、
精神的ショックと手入れのしすぎで抜け始めてしまったのです。

娘さんはお風呂場で手首を切って自殺しました。

お母さんが買ってきてくれた新しいリンスを
まるまる1本、1度に使い切ってから。

「ちょうどお嬢さんのような、
髪のきれいな娘さんだったよ」

不動産屋は私を懐かしそうに見つめて、
そう言いました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事