高校生の夏、免許のない俺はナンバーのない単車で、
友達を後ろに乗せて、山道をテッペンに向かった。

天気がよく景色が最高だったので、
つい時間を忘れ、暗くなってしまった。

ライトが暗いので、ゆっくり山道を下っていると、
道の左側が杉の巨木が立ち並ぶ地点にさしかかった。

単車を運転する俺の耳に、真っ暗な杉の木の間から、
薄気味悪い笑い声のような・・すすり泣き声のような音が聞こえてきた。

その音は俺達を追いかけてきているように感じた。

少しずつはっきりと聞こえてくるようになったので、
その音のする方向を見ようとした瞬間、
後ろに乗っていた友達が絶叫した。

友達「うわああああああっ!くるなあああっ!うわああああっ!」
俺「なんやあああっ!」
友達「みるなあああっ!おまえはみるなああっ!ぜったいみるなああっ!」

アクセル全開で山道を下ったが、杉林をぬけるまで、
俺は得体の知れない音と友達の絶叫に襲われた。

生きた心地はしなかったが、無事に友達の家に到着した。

そいつは汗びっしょりで、目は腫れて真っ赤だった。

何を見たのか聞いても言葉になってなかったので、家に帰った。

後日に聞いても

「クチでは説明できん」

とか

「知らん方がええ」

とか言うので、結局わからずじまいだが、
密教やら修験道やらの霊山?やったってことは
ずっとあとで知りました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事