これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。
(あそこが異世界とするならば…)

1回目は多分、9歳か10歳のころ、
2回目は23歳のころ、

3回目は10年前の36歳のころでした。

あの世界に行くのはいつもきまって、
私生活がぐちゃぐちゃになった時でした。

1回目の時は、学校で激しくいじめられ、
さらに家庭が崩壊していました。

父と母は毎晩のようにケンカしていました。

そんなケンカを見るのがいやで、
テレビも見ることもできず、
いつもすぐに布団に入っていたものです。

ある日、目を覚ますとまだ夜で、
何を思ったのか、
誰かに呼ばれたか覚えていなのですが、
外にふらふらと出ていました。

そこから記憶がなく、
いつの間にか見知らぬ森を歩いていました。

うっそうとしたジャングルみたいだと
子供心に感じてしました。

いつの間にか夕方みたいな時間帯になっていたのですが、
眠いこともありぼーっとしていました。

何時間さまよったかわかりません。

ほんの数十分くらいかもしれません。

ここからまた、
記憶があいまいなのですが、
その森で老婆に会い、
彼女の家へ連れられていったのです。

そこは小さな集落でした。

東南アジアの山奥の村のような感じの昔ながらの生活をしているようで、
電気製品などはありませんでした。

ぼーっとしている私を、
老婆の家族は暖かく迎えてくれました。

老婆はきれいな人で、
よく外国人がしゃべるような
片言の日本語を話していました。

家族は、
老婆の息子か娘の若夫婦と、
その子供たち5人がいて、
とても元気がよくて、
私とすぐ仲良くなりました。

暖かい家庭を知らなった私は、
夢中ではしゃぎまわった覚えがあります。

いつまでもここにいたいとも思っていました。

3日間くらいそこにいたでしょうか。

子供たちに呼ばれて、
家の外に出ようとした瞬間、
私は元の世界に戻ってしまったのです。

あたりは夜で、
私は家の玄関あたりにぼーっと立っていました。

後ろから母親に

「なにやってんの!」

と呼ばれ、
ビクッと驚いたのを覚えています。

私がむこうの世界に行ってから
時間がほとんど経っていないようでした。

普通なら、親に

「こんなことあったんだよ!」

と報告して、
信じてもらえないのがオチですが、
うちの場合、親がいつもピリピリしていたので
そんなことも言えずに、

あれは夢だったのか…?
こんなリアルな夢なんてあるんだな…
と冷めていました。

しかし今考えれば、
植物のツルできった傷や、
汚れた服などの証拠もあったのですが…

やっぱり夢だったんだな、
あんな楽しい生活あるわけないよな、というショックで、
ほとんど気にしてなかったのです。

その後…数か月して、両親は離婚。

私は母親の実家に引き取られました。

それから約10年以上すぎました。

異世界の思い出はリアルな夢だと思っていました。

結局、
母親は実家に私を預けたまま家を出て、
どこかで再婚したようで、
私は母方の祖父、祖母に高校まで世話になりました。

感謝はありましたが、
ことあるごとに私の父親の悪口や、
私自身への悪口を頻繁に言うので、
こんな家早く出たいと常々思っていましたので、
高校卒業と同時に、
既に上京していた高校の先輩を頼って、
私も上京しました。

今でいうブラック会社くらいしか就職先がありませんでしたが、
なんとか倹約しながら生活をし金をためて、
一年くらい世話になりつつ、
それからボロアパートに移りました。

それからも待遇がよくない会社を渡り歩いてたのですが、
23歳の時、またあの異世界に行くことになったのです。

当時、やはり私生活がボロボロで、
家は寝るだけの生活で、
ほとんど会社にいる日々でした。

さらに、責任ある立場になったのですが、給料は安く、
社長からの理不尽なくらい集中攻撃を受け、
精神も疲れ果てていました。

おまけに、
上京の際に世話になった先輩が失業したこともあり、
たびたび来ては金をせびるようになりました。

その先輩は暴力団ともかかわりができたようで、
数人で脅しに来たこともたびたびありました。

数か月ぶりの休日の日、
なんで一生懸命働いているのに、
こんなことになるんだろう…と嫌気がさし、
飲めない酒を朝っぱらから飲んでいた時です。

吐きに洗面所に行こうとして、
めまいがした途端、
また、あの見覚えのあるような森にいたのです。

「ここだ!」
「夢!?」

といろいろな思いが駆け巡りました。

とにかく、
あの家族がいるなら会わないとと考え、
歩こうとしたのですが、
裸足なうえに酔っぱらっていたので、
森の中を歩くのは非常に困難でした。

しばらく森の中で佇んでいると声がかかりました。

若い女性でした。

どことなく、
昔会った老婆にも似ていました。

最初は何を言っているかわかりませんでしたので、
ボケっとしていると、
片言の日本語でしゃべってくれました。

運がいいことに、
集落はすぐそばだそうで、
家に来いということです。

何とか集落に行ってみると、
そこはかつて私が子供のころに行った村そのものでした。

どことなく違いはありますが、
いろいろ見覚えがありました。

あれは夢じゃなかったんだ!
いや、これも夢か?

と、嬉しさ半分、疑心半分。

しかし、
現実世界がひどいものだったので、
もうどうでもいいや的な思いもありました。

どうしようもないので、
しばらく女性の家に泊めてもらうことになりました。

最初、女性は
老婆の娘か孫ではないかと思いましたが、
幼いころから大家族ではないと言っていました。

両親は幼いころに亡くなって、
近所の人や知り合いの世話になってきたということでした。

女性は20代くらいで綺麗だったので、
会った時から惚れていました。

原始的とは言っては失礼ですが、
現代社会に慣れた私からすれば、
かなり大変な生活だったんですが、
まぁ彼女の助けを借りて、
なんとか生活していました。

アバターみたいな世界でしょうか。

あそこまで原始的で幻想的ではないですけれどね。

生活としてはまさに理想的でした。

元の生活に比べれば、
本当に生きているという感じでしょうか…。

同時に不安もありました。

また以前のように
ぱっと元の世界に戻されるのかもしれないという不安です。

すでにお気づきだと思いますが、
元の世界に戻ってしまいました。

これを書いているので当たり前ですが。

3か月ほど経ったでしょうか。

私は頭は悪いですが、
手先が器用なので、
生活にもずいぶん慣れてきました。

村の人の言葉も
簡単な言葉くらいはちょっとずつわかってきました。

まぁ若い男女ということもあり、
彼女とはそっちの関係にもなっていました。

娯楽もないので、
そういう関係になってからは
毎晩していました。

最初からよく一緒にいると
村の人にはよく囃し立てられていたものです。

そんなわけで、
別れはあっさりとくるものです。

ある日突然、
また現実世界へ戻ってきていました。

こちらの世界では何時間か経っていたようですが、
やはりほとんど時間経過はなかったのです。

ですが、私としては3か月ぶりくらいで、
元の生活に戻すのが非常に困難でした。

何より不便でしたが
精神的に満ち足りた生活だったのです。

もう彼女には会えないんだと
ショックで大泣きしました。

はたからみれば精神異常者だったでしょう。

そして、
それからまた年月が経ち、
36歳になっていました。

ハイ、ちゃっかり結婚してました。

彼女はどーなんだと言われそうですが、
男はそんなものです。

いつまでも引きずってられません。

私も家庭がほしかったのです。

しかし、生活のほうは相変わらずでした。

先輩からなんとかのがれ、
地方に引っ越して、
それから堅実に生きてきましたが、
やはり働けども働けども
暮らしは楽になりませんでした。

そんな折に、
縁あって結婚したんですが、
また嫁さんもちょっとアレでして…

子供はもっと経済的に安定してからで…ということで、
作らなかったんですが、
嫁さんはパートをしていたんですが、すぐに辞め、
しばらくすると家事もしなくなってしまいました。

家を空ける日も多くなり、
浮気していたのでしょう。

私はまた会社と家の往復の日々です。

詳細は省きますが、嫁の策略に遭い、
私が浮気したりDVしたりしたという悪い形で離婚になりました。

もうほとほと嫌気がさしました。

こんなことだったら、
もうあの世界にずっといたい…。

そう願っていました。

忙しくても
いつも心のどこかにあの世界のことがあったのでしょう。

そして、願いが叶ったのです。

夜遅く会社の帰りに、
あの森へと飛んだのです。

すぐにわかりました。

こちらの世界は朝早かったようで、
薄暗かったのですが、
何とか村へたどり着きました。

同じ村なのですが、
やはり、やや違和感がありました。

でもこのときすでに
薄々気づいていたことがあります。

彼女の家を訪れてみると……

9歳か10歳かそこらの可愛らしい少女が出てきました。

片言の言葉で、
もどかしいながらもたずねます。

父親はすでに他界し、
母親は病気で寝込んでいるようです。

怪しいオッサンのいきなりの登場に
彼女は警戒を緩めません。

村の人も出てきて、

「なんだ、お前は」

みたいなことを言ってきます。

片言で言いたいことも伝えられないのですが、
何とか

「迷ってこの村に来てしまった、
どうかここで住まわせてください」

などということを伝えました。

かなり怪しんでいましたが、
長老みたいな人の家に泊まらせてもらいました。

10年以上のスパンがあったとはいえ、
一度身に着けた技量はさびておらず、
早くここの生活になじめました。

村人の警戒もだんだんととけてきた矢先、
少女の母が亡くなりました。

私は、彼女を面倒を見ることを買ってでました。

私は少女の親代わりとなり、
新たな生活を始めました。

少女に出会ったとき、
名前を聞いてすでにわかっていたのです。

少女は私が以前に結ばれた女性であり…

そして、最初に会った老婆だったことを。

そして彼女に日本語を教えたのも私だったことを……。

2回目に彼女に会ったときに、
彼女は私のことを知っていたそぶりを何度も見せていました。

彼女もわかっていたのでしょう。

ただ、これでもう一つ気づいたことがあります。

少女が成長して20代くらいになったときに、
私はいませんでした。

つまり、
私は元の世界に戻ってしまうか、
死んでしまうか…は決定してるのです。

答えは3年目に来ました。

……3年……。

長いようであっという間でした。

私はもう40近くになっておりました。

正直言って、
もう二度と元の世界に戻りたいとは思っていませんでしたが、
運命は許しませんでした。

ある日、
また突然に戻ってしまったのです。

元の世界では、
まるまる1日が経っていたようで、
携帯には会社からの不在通信が何個か表示されていました。

無断欠勤したということで、
上司からはかなり叱られましたが、
それだけ何とか済みました。

問題は容姿です。

3年も異世界に行っていれば、
完全に外見は一日前と違います。

白髪が増え、肌は黒く焼けて、
皺が深く刻まれていました。

ストレスが原因じゃないかと言われ、
強制的に会社を休まされ、
病院にも行くように言われました。

ですが、私にとっては
もはやどうでもいいことでした。

あの世界に行けないのであれば、
もう生きていても仕方がない……

そんな思いばかりが駆け巡っていました。

あれが、今でも夢ではないかと思うときもあります。

逆に夢だとしたら、
そんな世界はもとからないんだと
自分を納得させることもできます。

が、体に刻まれた多くの跡が
夢ではないと語っているのです。

もう二度とあの世界に行くことはできないのでしょうか。

ただ一つ望があるとすれば……

一回目に行ったとき、老婆が

「つい最近、夫が亡くなった」

みたいなことを言っていたような気がするのです。

ガキにそんなこと言う必要があるでしょうか。

その夫は、
もしかしたら4回目にあの世界に行って、
天寿をまっとうした私だったのではないだろうか…

と、荒唐無稽なことを思ってしまします……。

しかし……荒唐無稽とはいえ、
未来に希望が持てない日々の中、
そんな妄想がやめられないのです…。

ながながとすみませんでした。

おしまいです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事