この話は俺が17歳の時の話。

当時俺はバイクが好きで
いろんな峠を走り回っていた。

一人で行く事はほとんどなく、
仲間内の5台前後で行くことが多かったのだが、
その時はたまたま人数が揃わないために、
俺とBの二人だけで行くことにした。

前日にうち合わせ、
O峠に向かうことにした。

その当時のO峠は、
日曜日になると百台以上のバイクがやって来る
走りのメッカになっていた。

朝7時に待ち合わせをして、
二人でO峠に向かう。

二人の住む場所からO峠まではのんびり行けば2時間。

俺はインパルス、
BはRZ350Rに乗り
順調にO峠にたどり着いた。

それから早そうな奴を見つけては
バトルを仕掛けていった。

30分程走り、
休憩のために茶屋コーナーにバイクをいれ
缶コーヒーを飲みながら他の奴の走るのを眺めていた。

今の奴かなり早いね、
などとBと雑談していると
下のほうからCBRがやってきた。

その後方からはMVX250、
そのMVXが通りすぎた時、
俺はあせったタンデムシートに何かがしがみついている。

それをBも確認したらしく、
慌ただしく缶コーヒーを投げ捨て
ヘルメットをかぶろうとしていた。

俺も同じようにヘルメットをかぶり、
Bを追いかけるようにバイクを出した。

走り出して2~3分で二人の前には
悲惨な光景が飛び込んできた。

さっきのMVXだ。

反対車線から来たワンボックスに正面衝突していた。

ワンボックスの後方では、
連れだったらしくCBRの男が
MVXのライダーを助け起こしていた。

俺が見たときには
MVXのライダーの顎から首筋にかけて
大量の血が見えた。

すでに痙攣を起こしている。

Bはバイクをワンボックスの後方に止め
交通整理を始めた。

それを見て俺は、Bに

「救急車を呼んでくる」

そう告げ電話のある茶屋コーナーに急いだ。

電話を終えて現場に戻ると、
CBRの男がMVXの男のヘルメットをはずし、
人工呼吸を始めている。

喉にたまっていたであろう、
血を吸い出し必死に蘇生させようとしていた。

その後激しい痙攣の後
MVXの男は動かなくなっていた。

動かなくなった男を抱きながら、
CBRの男は泣き叫んだ。

血で真っ赤になった口を拭きながら、

「なんなんだよっあれは、何なんだよあいつは」
「K起きろよ、起きてくれよ」
「何だったんだよー」

その言葉を聞いて俺は鳥肌が立った。

見間違いじゃ無かったんだ。

15分が経ち救急車が到着し
男を乗せて走りだしていった。

それから警察による事故処理が始まり、
俺達二人も事故の状態を聞かれた。

しかし二人が到着した時にはすでに事故後だったため
俺達には詳しい状態はわからなかった。

ワンボックスの、男の人の話では、
相手のMVXは右コーナーにもかかわらず
直進してきたのだそうだ。

俺達にはその行動は理解出来なかった。

少なからず回避行動はするのだが、
現場にはスリップ痕も残っていなかった。

しばらくすると
警察が呼んだレッカー車によってMVXは片づけられ、
同じようにワンボックスも引かれていった。

俺達は、バイク仲間という意識で、
残されたCBRの持ち主を待った。

夕方まで待ったのだが、
戻って来ないためT町にある
知り合いのバイクショップに預ける事にした。

その場に張り紙をして、
俺達はCBRを移動した。

それから1週間が経過した。

CBRの男から連絡が来て、
バイクショップで待ち合わせる事にした。

CBRの男はI県から遠征してO峠に来たらしく
到着するのに時間がかかるらしい。

それでも昼過ぎには会う事が出来た。

CBRの男はNといい
俺達よりも年上で20歳になるらしい。

それからNさんに丁重に礼を言われ、
しばらく話すと俺達に頼みがあると言う。

何ですか?

そう尋ねると
事故の当事者と会う約束をしたのだが、
O峠以外はこの辺は土地勘がないので、
案内してほしいと言う。

この辺は俺はまるっきり知らないが、
Bは詳しかった。

3人はBの案内でH市に向かった。

向かう途中のO峠でNさんは事故現場に立ち寄り、
お酒を供えていった。

30分ほど走りワンボックスの、
男の人が住む町の近くまできた3人はバイクを止め、
歩いて向かう事にした。

その人の家に付き男の人に会えた。

男の人はEさんと言う人だった。

ひとしきり挨拶をすませ
Nさんは、事故の瞬間について聞き始めた。

「あの時Kは何もせずに突っ込んでいったんでしょうか?」

そう聞かれたEさんは
複雑な顔でうなずいた。

NさんによるとKさんは、
事故を起こす手前の左コーナーで
考えられないスピードでNさんを抜き
そのまま一直線に
ワンボックスに向かって行ったのだそうだ。

そして

「でもね、抜かれた瞬間Kを見たら
Kの後ろに誰かが見えたんだ、
だからそれがすごく気になって」

そう言い終わった時、
突然Eさんが

「やっぱり」

とつぶやいた。

そしてEさんは

「ぶつかる瞬間俺も見たんだ、
K君の後ろにいた奴を」

俺達は驚いた。

「そんなこと警察には言えんしさ」

そして続けた

「後ろにいた奴は、
2年前に事故で死んだ友達だった」

3人共なにも言えなかった。

それから俺達は別れた。

俺とBは自宅に向け、
そしてNさんはI県に向けて。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事