俺の兄貴が経験した話。

俺が中学2年の頃、
おじいちゃんが危篤という電話が来て、
家族全員で病院へ行きました。

でもお医者さんが

「峠は越えた」

というので
家族全員胸をなでおろして家に帰りました。

でもその日の夜中。

おじいちゃんが容体が急変して
亡くなったという電話がありました。

その時兄貴は友達の家でマージャンをしていたので
自宅にはいませんでした。

俺はおじいちゃんが死んだ事を知らせに
兄貴の友達の家に行きました。

「兄貴!兄貴!」

家の前で何度も兄貴を呼ぶと
明け方の光でもわかるくらい
兄貴の顔は真っ青になって
友達の家の2階の窓から顔を出しました。

「おじいちゃんが死んじゃったよ」

俺がそう告げると兄貴は

「・・・。やっぱそうか・・」

後で兄貴から話を聞いてみると
マージャンの途中にトイレに立った兄貴は
洗面所で手を洗ってるときにふと鏡を見てみると
兄貴の後ろにおじいちゃんが笑いながら
手を振っていたそうです。

しばらくその場に立ちすくんで
おじいちゃんが消えるまで見ていた時に
俺の声が家の外から聞こえたそうです・・。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事