自分の小学校にしかない怪談かもしれないが、
『すなしろさま』って知ってる奴いない?

自分の学校の砂場は、
赤い大きな鉄棒の前にある。

その鉄棒を鳥居に見立てて、
お参りをしてからくぐって、
砂場と鉄棒に背を向けたまま、

「すなしろさまさがさんせ、うせものひとつてらさんせ」

とか、そんな感じの呪文を唱えて、十円玉を砂場に投げ、
その十円玉をちゃんと見つけれたら、探し物が見つかる。

と言う噂で、
上級生が迷子の猫を見つけたとか、
財布を見つけたとか、噂が噂を呼び、
クラスの男子は信じる派と信じない派にわかれて、
よく盛り上がってた。

信じる派の意見では、
『すなしろさま』を本当に信じていないと探し物は見つからないから、
見つからなかった時は信じてないのが悪い、と言う事だったと思う。

すなしろさまブームも過ぎたある日のこと、
信じない派のA君が学校に連れてきた妹が、
A君と自分を含む友達4、5人で遊んでいるうちに、
どこかに行ってしまった。

みんなで手分けして探しても見当たらず、
日が暮れ始めたころ、
突然思い出したようにA君が、

「すなしろ様の所で聞いてみよう」

と言い始めた。

みなおどおどしながらもついていって、
鳥居にお参りしたところで、
十円玉をもって無いことに気がついた。

誰か持ってないかとか話してると、
A君が鉄棒の脇に十円玉が落ちてるのを見つけて、
それを拾った。

「かわりがあってよかった」

「きっと誰かが見つけれなかった十円玉だろう」

「早くやろうよ」

なんて事を友達みんなで言ってたが、
A君だけ深刻に何かを考えてるみたいだった。

唐突にA君が自転車に飛び乗り、

「いく所があるから先に帰って!」

と言い残して走り去った。

その異様な様子に驚いて、
自転車で追いかけたB君以外の全員がその場に残され、
わけもわからず家に帰った。

後日、B君の話では、
A君が目指した近所の小さな神社の鳥居の下で、
A君の妹は膝を抱えて泣いていたそうだ。

A君は鳥居の下で十円玉を見つけたから、
きっとここだと思ったらしい。

自分たちが高学年になるころ、
鉄棒はペンキで青く塗りなおされてしまい、
以来『すなしろさま』の話を聞いたことが無い。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事