6年前息子が入院して付き添いをしていた部屋での事

同じ病室で手術待ちの4歳の女の子が
急な心不全で残念な事に亡くなってしまった。

数日後、部屋の患者は退院して別の患者さんと入れ代わり、
その部屋で女の子が亡くなったことを知っているのは私だけになった。

その病室に検査入院の1歳半位の女の子が入室、
初日一晩中起きていて、
慣れない環境で眠れないのかと思っていたら
翌日、その子のお母さんが一晩中娘さんが
何かを指差して寝られないようだった…と。

まさにそこがその女の子の亡くなった場所。

そして月日は流れ6年後の今。

その女の子の最後の場所に偶然娘が入院することになり
激しく泣いたかと思うとぱっと泣き止み一点を見つめる。

そういえば赤ちゃんだった息子が泣くと

「だいじょうぶよ~なかないで~」

と言ってくれる優しい女の子だった、
泣き止んだ娘を見てそんな事を思い出した。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事