親戚のおばさん

夕方茶の間でテレビを見ていると、
玄関先から「ただいまー」と聞こえた。

高校生の娘の声だった。

いつもなら何も言わず鍵を開け、
そのまま2階の自室に行くのに、
今日は機嫌がいいのかな?なんて思った。

しかし、声は玄関先から動かず、

「ただいまー」
「ただいまー」

と連呼している。

障子を開け、
玄関先を覗くと変なものがいた。

頭の先からつま先まで、
ペンキを塗りたくったような黒い人が立っていた。

つるつると黒光りしていた。

その黒い人が、
玄関先でのぞき窓に片目を当てながら

「ただいまー」
「ただいまー」

と繰り返している。

ぞっとしたおばさんは障子を閉め、
すぐに110番した。

黒い人は玄関先で

「ただいまー」
「ただいまー」

と言い続けていたが、
10分ほどで聞こえなくなった。

おばさんは怖くて
その間トイレに隠れていた。

声は間違いなく娘のものだが、
なんというか、抑揚がなく、
例えるなら笑い袋のようなもので録音してある声を、
何度も再生しているかのような印象をうけたとか。

その後駆け付けた警官と、
帰宅した娘に事情を説明するのが大変だった。

黒い人が家にやってきたのは
その一度きりだった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事