『兵隊さんとの想い出』に似た経験をしたことがある。

小学生の頃、2年生の時だ。

父の仕事の関係で、関西圏の田舎に引っ越した。

引っ越した先の借家は、
一戸建ての平屋でちょっと古かった。

当時、学校の子とは上手く馴染めず、
寧ろいじめられていた。

だもんで、俺はずっと一人遊びをしていた。

そんな時、絶対後ろにおっちゃんがいた。

俺が一人で遊び始めると、
いつの間にか後ろに立っている、
スーツ姿のおっちゃん。

俺はそのおっちゃんを、
『なんとおっちゃん』と呼んでいた。

なんで『なんとおっちゃん』って呼んでたかっていうと、
いつも

「これは何だ」

って指を差して聞いてきて、

「これは○○で、こうするもんだよ」

って説明したら、

「なんと!」

って驚くからだ。

で、驚くだけでその話は終了。

また、

「あれは何だ」

って指を差して聞いてくる、
それだけのおっちゃんだった。

いつの間にか消えていて、
いつの間にか後ろに立ってる。

そんな『なんとおっちゃん』は、
俺の良き遊び相手だった。

今も昔も変わらず、
俺は人に物を教えることが好きなんだ。

しかも『なんとおっちゃん』は、
教えたことに対してびっくりしてくれるから、
教えがいがあった。

その上、びっくりの度合いも、
説明の仕方や物の違いで変わった。

一番驚いてたのは、
テレビだったかなぁ…

テレビ画面にくっつきそうなぐらい、
顔を近付けてた。

あ、あとは炊飯器。

今思えば、電化製品に対しては、
びっくりの度合いがでかかったな。

ちなみにおっちゃんが聞いてこないものを説明すると、
「うむ…」って顔をする。

興味なかったんだな。

ある日、俺は学校で物凄くいじめられた。

プールの後の着替えで、
パンツを隠されたんだ。

しょうがないからってノーパンでいてたら、
クラスのボスに

「こいつパンツ履いてへんで!」

って言われて、
教室でズボン下ろされたんだ。

俺はめちゃくちゃ恥ずかしくて、
学校を飛び出して家に帰った。

丁度母はいなくて、
一人部屋にこもって泣いた。

んで、1時間ぐらいそうやってたら気が済んで、
ヤクルトの空き容器とか集めて一人で遊び始めた。

そしたら『なんとおっちゃん』が現れた。

「今何で家にいるんだ」

とか言わずに、
おっちゃんは俺が作るものをしげしげと見ていた。

で、

「これは何だ」

と聞いてきた。

「これは光線銃だよ。
これで○○(クラスのボス)も殺せるんだ」

俺はその日あったことがすっげぇ嫌で、
パンツ隠した奴とかスボン下ろした奴とか、
殺したいぐらい憎かった。

でもケンカも弱かったから、
慰めに俺は光線銃を作っていた。

すると『なんとおっちゃん』は、
「なんと!」って驚かなかった。

あれ?と後ろを振り返ると、
部屋一杯にでっかい般若みたいなヤツがいた。

目をギロッとさせて、
俺を睨んでるんだ。

うわぁ!とびびって後退りすると、
その般若みたいのがパッと消えた。

それから『なんとおっちゃん』は現れなくなった。

俺はあれ以来、
『殺す』とか『死ね』って言葉を使うのが怖くなった。

『なんとおっちゃん』は、
『そんなことを言っては駄目だ』
って教えてくれたのかもしれないけど、
正直トラウマだ…

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事