中学生の頃、
良く家に遊びに来てた友達(石田)という奴の口癖が、

「アイヤー!ホイヤー!」

だったんだけど、
ある日、いつもの如くそいつが家に遊びに来てたわけ。

アイヤーホイヤー言いながら(笑)

そしたら、俺のベッドの上に、
何故かすっげぇ古くさいボロボロな本があったのよ。

「なんだこりゃ?」

と言って二人で読んでたら、

その本、
どこかで昔亡くなったじいさんの自叙伝みたいな奴で、
古ーい丸メガネかけた痩せたじいさんの写真とか載ってたわけ。

んで、

「なんでこんな本があるんだ?」

とかそいつと言いながら、
興味深げに読んでいくと、
その故人を偲ぶ知人の文章に、

『故人は、生前アイヤーホイヤーというのが口癖だった』

と書いてあったわけ。

勿論、そいつの顔色は瞬間的に青くなりますた(笑)

その後しばらくその本は俺の部屋に置いてたんだけど、
親に聞いても「知らん」と言うし、
友達もビビリまくってるし、
家の前のドブ川に投げ捨てたんだけど、
未だになんだかなぁとか思っている不思議な話でした。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事