数年前にあったことなのだが、
締め切りが間に合わず、
家に帰らないで会社で二徹した日の昼休みのことです。

近くのハンバーガー屋で昼食をとっていたら、
隣の席に座っていたパンツスーツの女に、

あの、すみません。
信じてくれるかどうかわかりませんが、
今日は家に帰らないでください。
ほんとに帰らないほうがいいですよ。

と言われた。

なに言ってんだこいつと思い、
無視したらそれ以上なにも言わずに去っていった。

その日の夕方、
部下のミスで昨日までの仕事がチャラになり、
また残業するはめになった。

さすがに帰らないとまずいので、
深夜に無理やりタクシーで帰ると、
うちのアパートが火事になっていた。

俺が戻ったころにはほぼ火は消火されていたが、
全焼状態だった。

翌朝地方紙でみたが、
死人も出たようだった。

帰っていたらすぐに泥のように寝ていたに違いない。

そんななか火事がおきたらどうなっていたのか。

あの女のアドバイスは当たっていたのではないのか?

おれはそれをきっかけにオカルト好きになった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事