ここらで俺の実話。

あれは俺がまだ高校生だったころの話。

高校1年のときの確か今と同じ冬だった。

彼女と毎日のようにイチャイチャしてて
友達につきあいわりぃよって言われて、
その日はたまたま俺含めて3人の男で遊ぶ事になった。

野郎がやることっていったら決まってて
俺たちは商店街のゲーセンでたむろってた。

んで、俺たちは学校で
あの頃はしゃしゃってたから(ww
タバコとか吸ってたわけ。

で、俺はあの時本当に異常なほどに
吸いたくて吸いたくてたまらなくて、
友達に

「ちょっと一服してくるわ」

って告げて場所を探した。

その辺は当時
警察が凄く行き来してたのを覚えてる。

それで裏に出たところに
暗くてちょうどよさそうな所があったので
吸うことにした。

そこには標識みたいなのがあって(プレート)

『たばこを吸うな!』

と丁寧に絵付きで書いてあった。

んなことしるかよって思って
タバコをポケットから出そうとしたら
ポロッと落としたわけ。

んで、
拾って箱からタバコ出そうとしたら
またポロッと。

「なんなんだよ」

と異常に吸いたかったので
イラつきながらまた拾う。

でも落とすというか
明らかにタバコを手から引き抜かれる感じ。

気味が悪かったけど
吸いたかったので3回くらい続けた。

でも流石に頭にきて

「オイ!ふざけんなよ!
俺はさっさとすいてんだよ!」

と、バカみたいに一人しかいないところで叫んだ。

そしたら突然タバコが落ちなく(引かれなく)なった。

それで吸おうと思って中を見たら、
タバコの中身が全部逆になってるわけ!

詳しく言うと
口につける側が底の方を向いてるわけ!!

これには流石に気味が悪くてしょうがなかったんだけど、
誰かの悪戯だろと思って、吸うことに。

で、タバコに火をつけようと思ったら

「つけたらあかんよ。
つけたら何が見えるか知らんよ。」

ってでかい声が聞こえた。

びっくりして周りを見たけど誰もいない。

けど早く吸いたくて
煙草に火をつけようと思って、
ライターをカチッと鳴らした。

するとそこで見たのは
白いムンクの叫びみたいなやつが
ブワッと俺の前に飛び込んできて
消えたと思ったら
そこらの壁中に血の手形があった。

それに真剣にビビって
すぐにツレのところに戻って事情を言ったが、
いつもの俺の冗談としてしか思ってもらえず
その場所には言ってくれなかった。

そして11時くらいにカラオケに入って
次の日は休みだったのでオールすることにした。

まぁ友達といっしょなら安心かなって思って
最初は得意のラルクとか歌ってたんだけど。
だんだんカラオケの調子がおかしくなってきて、
誰も何もしてないのに
勝手にやり直しとか演奏中止とかになるわけ。

で、いきなりツレ二人が

「お前がやったんだろ~!」

とキレだした。

何かいつもと雰囲気が違うんですよ。

なんだろう。

二人ともいつも仲良くて喧嘩しないし、
絶対に怒ったりしなかったのにね。

本当にビックリした。

一人が怒って勝手に帰りだして、
俺ともう一人も解散するかってなって、
帰りになんで怒ったか詳しく聞いたら

「なんかスゲーイライラしたんだよ。
けどお前の方見ると
なんかしらねぇけどもっとイライラした。
今日はさっさと解散しようぜ。」

って言って早足で帰りだした。

俺は

「なんだよあいつ。
ふざけんじゃねぇっつの」

とか思いながら、気になったので
もう一人の友達に電話してみた。

すると

「お前の方見たらイライラしてきて、
あいつと喧嘩になった。」

って言いだした。

「はぁ?」

とか思って
電話切って俺もイライラしてきたから、
風呂入って、寝る前に一服しようと思ったら
ふとさっきのカラオケ前の出来事を思い出した。

だから一応吸うのやめてすぐ寝る事にした。

眠りかけた時に窓から

「コツッ」

と音がした。

「なんだ?」

と思ったけど
エアコンつけてたから
温度の関係できしんだのかなと思って
そのまま眠りについた。

夜中の何時頃か忘れたけど
凄くのどが渇いて目が覚めた。

そしたら体が動かないの。

ホント。ピクリとも。

「あぁ~人生初めての金縛りか~」

って思って意外と冷静だった。

俺は昔から金縛りにあったときには
心の中で思いっきり縛ってるやつを罵倒して
幽霊とか見たら殴りかかってやろうと思ってた。

だからためしたくなってわくわくしてきて、
早く来ないかなとか思ってたww(バカだな

そしたら、窓が

「ガチガチッ」

って感じに鳴り出した。

自分の部屋のドアの前で立ち止まった足音が聞こえて

「来た来たww」

とか思ってそのまま心の中で

「おい。かかってこいや。しばくぞこら」

「俺は金縛りなんかこわくねぇよおら。」

「お前たいがいしとけよこら。いつまでしばっとんねん」

「お前とりあえずでてこいやタイマンはろうや」

「お前だれやねん早くこたえんなしばくぞこら」

とか言ってた(あくまで心の中で)

そしたら金縛りがなんととけたのだ。

そして、その後、怖くなったけど
ここで引いたらまた金縛りになると
そのときは本気で思って
自分の部屋のドアに向かって思いっきり

「次来たらどうなるかおぼえとけや!」

と言って渾身の一撃をやった。

そしてまた眠ることにした。

でも流石に怖かったから
机のライトをつけて寝る事にした。

そしたら妙にリアルな夢を見た。

夢は、俺が寝ているところに
スゴイ形相の顔の男が俺の前に立って、
凄い勢いで俺の顔の前に顔をやって凄いがんつけてた。

その後そいつは俺の首をしめてこう言った

「夢でしかできんと思ったら大間違いだぞ!」

と。

それではっと目が覚めたら朝だった。

一階から両親の会話が聞こえてて安心した。

そしてベッドから降りてさぁ朝飯だというときに

「つけたらあかんよ。
つけたら何が見えるか知らんよ。」

って男の声がした。

それでビビッて
昨日のやつが夜にあんな事したんだと思って、
全部両親に言ったら
信じてくれて一緒にお払いに行ってくれた。

それきりそれに関してのことはありません。

後日談としては、
友達が俺にあやまってきたことです。

「あの時はごめんな。
やけど本当にあの時はお前凄い顔しとったよ!
ホント!」

で俺は何のことかと思ったら

「はっ!?
とぼけんなってお前凄い顔で
俺と●●の喧嘩見よったやろ!
まぁ悪かったな。じゃぁな。」

と。

俺はそんな顔でみた覚えはなかったのですが
今でも思い出すと本当に怖いです。

忘れたい記憶の一つですが、
よくつけるなって忠告あったのに
火をつけたなと自分でも思います。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事