個人デザイン事務所時代の話。

エアブラシを使ってのリアルアートの仕事を受けた時、
下請けに出してたKさんという人がいた。

Kさんは30代前半で身長155cm程度と小柄で、
小さい頃にやった側湾症のため骨格がややいびつ。

腕はいいのだが話下手でどもりがちなため、
下請け専門のエアブラシ職人みたいなポジションだった。

ある日、
Kさんの自宅に完成品を受け取りに行くと、
これから飯を食いに行くという。

飯を食い終わったら、
すぐ仕上げるから待ってくれ、
5分で済むと。

5分で済むなら今やってくれりゃいいのだが、
まぁ、新人の俺は待っていた。

で、本当に偶然なのだろうが、
資料を入れていた書棚がバサバサと崩れ落ちた。

ありゃりゃと片付けようとして、
俺は凍りついた。

写真は、女性の惨殺死体ばかりだった。

多分、タイあたりの死体写真なのだろう。

どの死体も豊満(デブ)な女性の死体ばかりで、
本当に気持ち悪かった…

6年前のこと、
俺はとっくにデザイン事務所を辞めていた。

眺めていた朝刊のベタ記事に驚いた。

Kさんがフルネームで、
コロンビア人の女性殺害の容疑者として載っている!?

まさかと思って、
元の事務所の社長に電話をかけてみると…

『ナイフで胸を滅多突きにして殺しちゃったらしいよ。
うちにも昨日、刑事が来て、色々と聞かれたよ。
CGが主流になって、エアブラシアートが売れなくなってたからなぁ。
自棄を起こしちゃったのかねぇ』

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事