10年前のクリスマスの夜。

バイトが終わって夜歩いていると、
前から冬なのに薄着な女の子が歩いてくる。

歩いてくるっていってもかなり酔っ払ったみたいで、
ふらーふらーっとあるいてたまにくるっと回ったり。

あークリスマスだから酔っ払ってるのかなと思って見ていると、
顔が見えるくらいの距離になった。

彼女はすごく幸せそうだし、
ものすごいかわいい。

同性からしてもかなりかわいい。

すれ違い様に、
彼女はにこ~っと私に笑いかけた。

思わず私もにこっと笑い返した。

すれ違ってから大丈夫かなと思って振り返った。

その時気づいた。

彼女は空中に浮いていた。

空中に浮いていた彼女は、
そのままふらふら踊るように歩いて角を曲がっていってしまった。

友達にその話をしたら、

「クリスマスだから天使じゃない?」

って言われたよ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事